ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

日本では多くの地方で「肉」と言えば豚肉を指す位ポピュラーで、鶏肉と並んで最も一般的な食肉と言える(近畿地方では牛肉の食用も盛んで、「肉」と単純に記した場合多くは牛肉を指す)。

日本では弥生時代から古墳時代頃に食べられていたがその後長らく養豚が廃れていた。関東地方で一般化したのは関東大震災の後であるが、鹿児島県では江戸時代から盛んに食べられていた。また、沖縄県の豚肉料理はその独自性とメニューの豊富さで有名。

中華料理で最も多用される食材のひとつで、ドイツ料理などの西洋料理でもハムソーセージなどの豚肉加工品が多用される。宗教的にタブーとする人々が多い食材でもあり、イスラム教徒やユダヤ教徒は豚肉を食べない。

注意

豚肉はヘルペスウィルスやトキソプラズマ、E型肝炎などのウイルスやカンピロバクターなどの細菌類による感染症、有鉤条虫などの寄生虫の危険があるため、絶対に生食してはいけない
特に有鉤条虫に寄生されると脳や眼球にダメージを受ける(かなりグロい写真が出て来るため検索には要注意)。
必ず肉は白くなるまで火を通してから食べる事。所謂生ハムは薫製済みであるため生肉ではない。
上記のイスラム・ユダヤの「豚肉禁止」の戒律が産まれたのも元々そういった衛生上の事情と現在では考えられている(昔の中東は砂漠で肉を十分に焼く薪などの燃料の確保が難しかったため)。

しかし日本では一部の大衆居酒屋などで豚のレバーなどの刺身や生焼け料理が出されていた。
2012年の牛肉レバ刺しの規制に伴い、代替として豚のレバ刺しを提供する店やそれらを求める客が増えてE型肝炎患者が倍増したことを受け、食品衛生法に基づく規格基準の改正が行われ、2015年6月12日より施行された。
現在は豚の生肉、内臓を非加熱のまま飲食店で提供する事、生食用の豚肉販売が禁じられており違反すると2年以下の懲役か200万円以下の罰金が刑罰として科せられる。

イスラム教やユダヤ教で豚肉を食べない理由。

イスラム教徒やユダヤ教では豚肉を食さないとまで言われている。
どちらも不浄やな生き物として扱われており、イスラムに関しては「牛や馬、鶏は人間に役立つことをしているが、豚は食べられるための存在であり、子供がポンポンと生まれる」ことから不浄な生き物とされている。
その事はイスラム教の聖典であるクルアーン第2章、雌牛章の第173節に掲載さている。(詳しくはクルアーンを参照)

主な豚肉料理

とんかつ
豚の角煮
ポークソテー
しょうが焼き

関連タグ

 食肉
肉料理 牛肉 鶏肉
西郷隆盛 徳川慶喜 - 豚肉好きだった日本の歴史上の人物。

pixivに投稿された作品 pixivで「豚肉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 165474

コメント