ピクシブ百科事典

賢者の石

けんじゃのいし

錬金術における至高の物質。卑金属を金に変え、癒すことのできない病や傷をも瞬く間に治す神の物質とされる。無数の名前を持ち、形状についても諸説ある。錬金術師の至上命題は、この石の製造とそれによる金の錬成であった。史実上ではフラメルやパラケルスス、サンジェルマン伯爵が錬成に成功したという。
目次[非表示]

概要

中世欧州で発展を遂げた錬金術のなかで、いつしか語り継がれはじめた伝説の物質。
12世紀になってイスラム圏から錬金術が西欧世界に入り、劇的に科学技術が発展していく中で注目を集めることとなる。伝播していくうちに、黒魔術などの神秘主義やオカルトの要素も加わっていった。
作り方は一説には、「哲学者の水銀」「真実の水銀」といわれる特別な水銀を使い様々なプロセス、3つとも7つとも12の段階を経るともいわれる。

一般的にはなどの卑金属を黄金に変える、薬として飲めば不老不死を得るとされた。またあらゆる病とけがを癒す万能薬エリクサーの正体ともされる。
因みに、賢者の石そのものが欲に駆られた人間を誑かす悪魔であるという話もある。
色は。これは錬金術において赤は完全を表す色と言われており、賢者の石もまた作成プロセスを経て赤になれば完成と言われていた。

所有者

ヘルメス・トリメギストスは世界で唯一賢者の石の生成に成功した錬金術師であるともいわれる伝説の錬金術師である。
史実上で持っていたと噂されたのは、パラケルスス(テオフラストゥス・フィリップス・アウレオールス・ボンバストゥス・フォン・ホーエンハイム)と、サン・ジェルマン伯爵であるとされる。
特にパラケルススはアゾットと刻まれた短剣の柄にエリクサーを仕込み、病気に苦しむ人や、自身の遍歴の道中での怪我をいやしたとされている。
また、その製造に成功した人物として、ニコラ・フラメルも有名。

創作での賢者の石

その万能性、神秘性から古くから創造の源泉として扱われている。その性質・効果も作品ごとに千差万別であり、単なるアイテムから物語の核心に迫る重要アイテムともされる。

ゲーム『ドラゴンクエストシリーズ』

3以降のシリーズに登場する、使用するとパーティ全体のHPを回復するアイテム。戦闘中にしか使用できないが、基本的に何度でも使用可能。ベホマラーと似た効果だが、作品によっては馬車の中の味方を回復する効果が無い。手に入るのはたいてい終盤だが、MPいらずで誰でも使えるため、全員HP完全回復のベホマズンを覚えた後も重宝する。誰に持たせれば一番効率良いかについては作品や対モンスターによって変わってくるが、かなり重要である。
ただし回復量は作品ごとに異なっている。場合によっては特技の方が高い時も···。
色は青。また「アイテム物語」によれば中には何億ものホイミスライムを閉じ込めた宇宙空間を圧縮して石状にした物で、破壊すると中のホイミスライム達が全て解放されてどえらい事になるそうだ。
錬金釜要素が出た8以降は自分で作り出すことが可能。8では「金塊」「オリハルコン」「せかいじゅのしずく」で、9では「オリハルコン」「さえずりのみつ」「シルバーオーブ」で作れる。

ゲーム『アトリエシリーズ

錬金術における最高レベルの調合品として第1作目から登場。作品によっては「賢者の赤水晶」と言われる。作るのが必須というわけでは無い作品もあるが、より良いエンディングのフラグになる事も多い。1作目では色は青みの強い白だったが、2作目以降は赤くなった。

ゲーム『ヴァルキリープロファイル

レザード・ヴァレスが所有している。
所有者にあらゆる万物の知識を与える伝説の秘宝。内包される情報量は一気に解放すれば魔法障壁として顕現するほどで、世界を終わらせる終焉の炎すら防ぐという。これにより、レザードはホムンクルスの製造法をはじめ、多くの秘術を修得した。ただし使い勝手は非常に悪く、レザード曰く『百万ページもある辞書と同じ』らしく、彼自身も必要な知識の抽出に四苦八苦していた。

同人ゲーム『東方project

東方紅魔郷に登場するパチュリー・ノーレッジスペルカード名。⇒火水木金土符「賢者の石」

漫画『スプリガン

自然界には存在せず、遺跡地帯で稀にしか発見されない希土類物質。
高純度のものは石に近くなるが、殆どは粘土状となっている。
精神感応金属オリハルコンを錬成するための触媒として必要な他、大量の金を精製することも可能。そのため、賢者の石が出土する遺跡は様々な勢力から狙われ、大型の結晶が出土すれば手段を選ばずに強奪に出る組織が出るほどである。
純度により生成量は異なるが、粘土状且つソフトボールサイズの賢者の石では金は数百トン、オリハルコンは2トン程度生成可能。
オリハルコンの精製には高い技術が必要だが、金の精製にはそこまで高い技術は求められないが、さすがにゲリラ程度では金を作ることもできない模様。

漫画『からくりサーカス

錬金術の至宝「柔らかい石」として登場。水に浸す事で長命とあらゆる病を治す「生命の水(アクア・ウイタエ)」を生み出す。作中では物語の発端である白兄弟がそれぞれ作成した。

漫画『鋼の錬金術師

伝説の術法増幅器であり、物語の核心に迫るキーアイテム。「大エリクシル」「第五実体」「鮮血の星」など色々な呼び方がある。ほんの微量であったとしても絶大な効果を発揮するが、その材料は人間の魂である。

小説『ハリー・ポッターシリーズ

第1作目のタイトルが「ハリー・ポッターと賢者の石」であり、強力な魔法アイテムとして設定のみ登場。錬金術師ニコラス・フラメルアルバス・ダンブルドアが共同制作した、あらゆる金属を金に変える石。

関連タグ

科学 魔術 錬金術
エリクサー
ヘルメス・トリメギストス パラケルスス ニコラ・フラメル サン・ジェルマン

pixivに投稿された作品 pixivで「賢者の石」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 383046

コメント