ピクシブ百科事典

赤川次郎

あかがわじろう

「赤川次郎」とは、日本の作家。
目次[非表示]

概要

推理小説を中心に執筆している作家。1948年福岡市で生まれ3歳の頃、手塚治虫に憧れ漫画を描き始めるが、本人曰く絵が下手糞で中学生の時に描くのが楽しめなくなった頃シャーロック・ホームズに出会い小説に転向。また原稿用紙での手書きに拘り続ける数少ない作家の一人でもある。ちなみに著作の累計発行部数は3億部を超えており、日本人作家では最も本を売った作家ということになる。
学校図書としてもよく入荷されており、図書室いけば十中八九、氏の著作が存在するはずである。

既に還暦を越えながらも、今なお第一線で新たな試みを続けている。
その作品タイトルでも群を抜く作品数を誇る、日本を代表する作家の一人といえる。

主な著作

関連タグ

ミステリー

pixivに投稿された作品 pixivで「赤川次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30592

コメント