ピクシブ百科事典

赤木剛憲

あかぎたけのり

スラムダンクの登場人物。

CV:梁田清之緒方恵美(少年時代)

5月10日生まれ。通称ゴリ
湘北高3年。湘北バスケ部主将。背番号4。センター(C)。
問題児軍団を束ねるキャプテンとして、湘北にとって代えの利かない精神・プレイ両面での大黒柱。197cmの巨体とその顔立ちや反逆無敵の桜木を拳骨一撃で沈める事が出来る豪腕を持つ。
また、その豪腕でダンクを決める「ゴリラダンク」やボールをバレーのスパイクの要領でブロックする「ハエタタキ」などの豪快なプレーでチームメイトを牽引する。その体を張ったプレイはチームメイトからはもちろん、他校のエースやキャプテンからも畏怖と尊敬を集める。

普段は落ち着いていて温厚だが、バスケットのこととなると人が変わり感情があらわになる。とにかくバスケが大好きで、幼い頃から全国制覇の夢を持っており地道に努力を続けてきた。学業も優秀。
しかしあまりにもバスケに対しストイックで一途過ぎた為に大きく空回りし、当時弱小だった昔のチームメイトからは「息苦しい」と言われ、部員離れの一因にもなった。
だが宮城流川桜木などの才能豊かなプレイヤーの入部で一躍強豪の仲間入りをしてからは、この一途さとストイックさが、物語には欠かせないものとなっている。
この『かみ合わない理想と現実』『かみ合った理想と現実』という対比を見せるエピソードが、赤木のキャラクター性と湘北という拠点舞台の歴史に厚みを生み出し、物語に深さを与えている。
作品において代えの利かないキャラクターで、作品は桜木花道の成長物語であると同時に、赤木の高校バスケットにかける情熱の物語でもあった為、もう一人の主人公であったとも言える。
また、全国行きの切符を手にした時のこれまでの努力と辛酸、主将としてバスケ部を引っ張り才能溢れる後輩達が集うまでの道程がフラッシュバックして、初めて読者に見せた男泣きはスラムダンクのなかでも屈指の名場面である。

ちなみに、作者のデビュー作『楓パープル』にも同名の人物が登場するが、その人物像は本編とは大きく異なり、かつてバスケ選手であったが、中学時代に推薦のかかった試合で流川楓(こちらも同名の別人)に敗北し、挫折したヤンキーというものであった。
本編での三井寿に似たバックボーンであるが、コミカルなキャラ付けがなされているため、彼のような悲壮感はない。

この人の名前がタグにつかない事が多いが、「いいからテーピングだ!」の台詞(シーン)のパロディは未だに健在である。

関連タグ

スラムダンク 木暮公延 ゴリ

pixivに投稿された作品 pixivで「赤木剛憲」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114044

コメント