ピクシブ百科事典

赤蛮奇

せきばんき

東方Project第14弾、「東方輝針城」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

二つ名ろくろ首の怪奇
種族ろくろ首
能力頭を飛ばせる程度の能力
テーマソング柳の下のデュラハン
登場作品東方輝針城』2面ボス 『弾幕アマノジャク』 二日目ボス


2面の柳の運河「柳の下の生首」の中ボス兼ステージボス。道中曲は「運河を行き交う人妖」。
普段は人里で人間に紛れ、一人でひっそりと生活している妖怪であり、人間とも妖怪とも打ち解けられないプライドの高さと、物事を斜に構えて見る性格の持ち主。

しかし打ち出の小槌の魔力に影響され、人里の近くで暴れてしまう。
そこを霊夢らによって退治され、今はもう大人しい。

名前に関して、「赤」が名字で「蛮奇」が名前という説があるが、ローマ字表記時Sekiとbankiの間にスペースが入っていないため「赤蛮奇」で一つの名前と思われる。

容姿

赤蛮奇ちゃん
ばんき


赤いマント(裏地は)を身に着けており、そのマフラーのような部分で口が隠れている事が多い。
妖怪とバレないように首の切れ目を隠していると思われる。
また、チルノ以来のショートカットリボンという姿である。
ヘアカラーはで、リボンの色は青。リボンと黒い服には周りに赤い刺繍がついている。
赤いミニスカートと黒いブーツを履いており、ブーツにも赤い刺繍もしくは紐のようなものがついている。

ほとんどの身の回りが、赤とというシンプルな感じだ。

弾幕

自らの頭部を分離、さらには最大9つまで分身もしくは増殖させて弾幕に応用するという特技を持っている。スペルカード発動中に分離した首が迫ってくる様子は、もはや普通にホラーである。

首が外れるのはデュラハンじゃないか、と思う人もいるかもしれないが、ろくろ首のページにもある通り、首が分離するタイプのろくろ首は「抜け首」とも呼ばれ、むしろこちらのほうが中国の飛頭蛮の流れを汲む日本での原型らしい。ただ、切り離された頭などから「隙間無く連なった弾幕」を多用するのは伸びている首をイメージしたものかもしれない。
もっとも曲や一部のスペルカードもデュラハンの名を冠しており、意識しているのは間違いなさそうだが。

スペルカード

東方輝針城

スペルカード名ENHL
飛符「フライングヘッド」
首符「クローズアイショット」
首符「ろくろ首飛来」
飛頭「マルチプリケイティブヘッド」
飛頭「セブンズヘッド」
飛頭「ナインズヘッド」
飛頭「デュラハンナイト」

弾幕アマノジャク

スペルカード名ステージ
飛首「エクストリームロングネック」二日目 シーン2
眼光「ヘルズレイ」二日目 シーン4
飛首「ツインロクロヘッド」二日目 シーン6

二次創作

カップリングは同じ2ボスである多々良小傘との絡みが見られる(こがばん)。
デュラハンナイトと姫としての組み合わせでわかさぎ姫も(赤わかわかばん)。

小傘向⑦醬示好
赤わか



二次ではわかさぎ姫、今泉影狼と3人でいることもある。赤蛮奇は草の根妖怪ネットワークのメンバーであるか不明であるが、この3人は製品版において「今はもう大人しい」と記されていることと体験版組という共通点があるため、よく描かれる。

輝針城新キャラ!



その名前から赤さんと呼ばれることもある。

また、赤と黒というと紅い悪魔の館を連想させるが…。

東方Project 第14弾の情報です
余談ではあるが2013年5月26日の輝針城体験版公開前に神主のブログにてドット絵のみ公開されている。

輝針城の敵キャラ立ち絵が流出した件
【ネタバレ?】輝針城の新キャラ


そのドットから立ち絵を予想した人もいるようだ。

東方深秘録においては、都市伝説:首なしライダーとして登場するのでは、と予想もされていた。

関連イラスト

赤蛮奇
恐怖体験版
頭を抱え思想し
赤蛮奇
柳の下のゆっくりマイスター
赤蛮奇



関連項目

東方Project 東方輝針城
妖怪 ろくろ首 デュラハン 飛頭蛮 生首

二次創作

ちちばんき 公式ゆっくり
こがばん 赤わか かげばんき せいばん ばんよし ばんれいむ
蛮霖(NL)
赤マント

pixivに投稿された作品 pixivで「赤蛮奇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5982490

コメント