ピクシブ百科事典

越前南次郎

えちぜんなんじろう

越前南次郎とは、『テニスの王子様』のキャラクター。

概要

CV:松山タカシ
主人公越前リョーマの父親。
現役時代は「サムライ南次郎」と呼ばれ、世界を相手に37戦全勝した元プロ選手。故障のため2年で引退、現在は臨時で寺の住職をしている。現役を退いて十数年経過した今でも腕は全く衰えておらず、大人をも圧倒する息子を全く寄せ付けない。
また引退した今でもその知名度は高く、千歳千里は彼を28年前に「天衣無縫の極み」を開いた人物として知っていた。本人曰く「天衣無縫の極み」は誰でも開ける可能性がある」らしい。

彼もリョーマと同じ様にかつては青春学園に所属し竜崎スミレに師事していた。(実写映画版ではスミレとの関係は逆転しており、スミレのテニスを始めるきっかけを作った人物となっている)。

性格は陽気で子供っぽい。またかなりのスケベで、よく寺の縁台や鐘楼でグラビア雑誌を読んでいる。
カルピンをよくからかい、逆に噛まれたり引っ掻かれる。

若い頃、アメリカ留学中に竹内倫子と出会って結婚し、リョーマを授かる。

関連タグ

テニスの王子様 越前リョーマ 竜崎スミレ

pixivに投稿された作品 pixivで「越前南次郎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 184546

コメント