ピクシブ百科事典

足利義輝

あしかがよしてる

室町幕府第13代征夷大将軍。幕府の権威を取り戻すべく奮闘するが・・・。
目次[非表示]

生年……1536年3月31日(天文5年3月10日)
没年……1565年6月17日(永禄8年5月19日)


概要

 父は第12代征夷大将軍足利義晴で、第10代征夷大将軍・足利義稙の養子となった阿波公方・足利義維は叔父で、その子である第14代将軍・足利義栄は従弟に当たる。

出生から将軍まで

第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれるが、「後法成寺関白記」によると誕生直後に外祖父・近衛尚通の猶子となる。
この頃の幕府では父・義晴と管領・細川晴元が対立し、義晴はその度に敗れて近江坂本に逃れ、それに義輝も度々従った。その後も父とともに京への復帰と近江・坂本(現・滋賀県大津市坂本)や朽木(現・滋賀県高島市朽木)への脱出を繰り返している。

義輝は天文15年(1546年)12月、父・義晴から将軍職を譲られ、僅か11歳にして征夷大将軍になる(但し、将軍就任式は京都ではなく、亡命先の近江・坂本の日吉神社(現日吉大社)で、祠官樹下成保の第で行われ、六角定頼を烏帽子親として元服。またその時、「義輝」ではなく、「義藤」と名乗った)。しかし、当時勢力を強めていた三好長慶(みよし ながよし)、及び長慶を影で操っていた長慶の家臣・松永久秀(まつなが ひさひで)らの傀儡(操り人形)にされてしまい、天文22年(1553年)に長慶と対立していた細川晴元と協力して長慶との戦いを始めたものの、敗北して近江・朽木に逃れ、以降5年間をこの地で過ごした。なお、亡命中の天文23年(1554年)2月12日に名を義輝に改めている。

 だが義輝はそれを良しとせず……、

・諸大名の抗争の調停(武田晴信長尾景虎島津義弘大友義鎮毛利元就尼子晴久等)

・懐柔策の一環として、各大名の守護職就任(大友義鎮……筑前・豊前守護、毛利隆元……安芸守護等)、三好長慶・義興父子や松永久秀に桐紋の使用を容認

・自らの名の「輝」の字を偏諱として与える(毛利輝元伊達輝宗上杉輝虎等の諸大名や足利一門の足利輝氏等)

……といった優れた政治手腕を積極的に振るっていった結果、次第に諸大名から「将軍」として認められる様になり、将軍家の権威を復活させていくのであった(その証として、織田信長や上杉謙信等は上洛して拝謁しており、大友宗麟は鉄砲を献上している)。

そして永禄7年(1564年)7月に長慶が病死した事でついに幕府復活の糸口を掴む。

 しかし、長慶を操っていた松永久秀にとって義輝は邪魔者以外の何者でもなかった。

三好家の謀反(永禄の変)

 松永久秀は長慶亡きあとの三好家を操り、義輝の叔父である足利義維と手を組み、その嫡男・足利義栄(義輝の従兄弟)を新将軍の候補として擁立。永禄8年(1565年)5月19日、久秀は三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)達と共に二条御所にいる義輝を殺害する為に軍勢を差し向ける。
 見張り程度の兵しか居なかった二条御所は簡単に包囲されてしまい、義輝の死も時間の問題となった。ところが、将軍を討って手柄を立てようと屋敷に踏み込んだ三好の兵達は異様な光景を目の当たりにする。

 そこには刀を構え殺気を放つ足利義輝と、周囲の畳に刺さる十数本の刀があった。

壮絶な最期

 熱心な政治家として知られた義輝だが、その裏の顔は、剣聖・塚原卜伝から必殺奥技「一の太刀」を習得した鹿島新当流剣術・免許皆伝の剣士であり、「剣豪将軍」の異名を持つ剣術の達人であった。
 それだけでなく、義輝の周りに刺さっている刀はほとんどが世に聞こえし名刀、義輝のコレクションであった。
 そして義輝はその刀を使い、並み居る敵を斬り伏せていく。刀が鈍ったらすぐ次の刀を畳から引き抜き、降り注ぐ矢を斬り払い、あらゆる方向から襲い来る敵を次々に斬りまくり、その斬った人数は30人ほどにもなったという。

 アドレナリン全開で暴れ狂う義輝を止めるのは至難だった。三好方は最終的には義輝を討ち取るものの、畳を盾に数人がかりで義輝を囲んで動きを封じ、四方から槍で突くという強引な手段でようやく義輝を仕留めるに至った。享年30。

またこの時、義輝の生母である慶寿院も殉死している。


辞世の句

 「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

蛇足と余談

 最期には様々な説があり、厳密にはよくわかっていない。
 例えば、永禄の変から数日後~数年後の記述であると思われるフロイス著「日本史 第65章」には名刀をとっかえひっかえして戦ったなどとは書いておらず要約すると「まず、薙刀で戦い数名の者に手傷を負わせその他の者を殺した。その技量の巧みさは人々をおおいに驚かせるものだった。次に更に敵に接近するために薙刀を捨て刀を抜いて奮戦したが傷を負い地面に伏せたところで殺された。」と記している。またフロイス「日本史」以外では自害したことなどは共通しているが名刀コレクションを使用したなどとは書いているものは少なく、さらに塚原卜伝から「一の太刀」を授かったというエピソードは甲陽軍鑑のみであり信憑性は乏しい。
 そして永禄の変当時の将軍に対する呼び名は「将軍」という呼称はきわめて少なく基本的には「公方」「大樹」と呼ぶのが普通であり剣豪「将軍」という呼び名は後世に付けられたものであるということがわかり創作である可能性が高い。(当時剣術は雑兵の技と呼ばれ永禄の変直後京の人々は公方様の死に様は雑兵のようだったと噂したとかしないとか)
簡単に書くと剣豪であったかどうかも怪しく政治的にも有能だったかも怪s・・・うっ、頭が・・・。

登場作品

足利義輝 (戦国大戦

R足利義輝


声:浜田賢二 二つ名・剣豪将軍

他家の一員として登場。兵種は戦闘アクションが無いものの、最も兵力が高い足軽でコスト2、武力8、統率4、魅力・気合を持つという安定したスペックで、兵種と相まって驚異的な固さを持っている。その為、端攻めもしくは乱戦で粘り強い活躍を見出す事が出来る。

計略「秘剣一ノ太刀」は自身の移動速度が大幅に低下するもののMAXまでチャージした時の威力は破格の一言(義輝と同じく武力8で兵力100%の敵部隊を一撃で葬り去る事が出来る)。
まさに剣豪将軍の名にふさわしいカードとなっている。

足利幕府よ、永遠なれ!

足利義輝 (アニメ・戦国コレクション

義輝ー!俺だー!


声・佐藤利奈 二つ名・剣聖
現代に来ている将軍で、自分と同じく現代に迷い込んだ戦国武将をサポートする役目を担っている。さまざまな剣客に弟子入りしたことがあり、塚原卜伝もその一人。

足利義輝戦国BASARA

練習。


声:池田秀一 二つ名:天政奉還
戦国BASARA4で初登場。あらゆる才能に恵まれた、室町幕府のかつての王。
足利十三代となった己の時代において日ノ本から活気が失われたことを憂い、再び人々の熱い息吹を求める。


関連イラスト

足利義輝
【歴史創作】足利義輝



関連タグ

戦国武将 戦国大名 室町幕府 征夷大将軍 剣豪 剣豪将軍
松永久秀 三好長慶 足利義栄 足利義昭 塚原卜伝

pixivに投稿された作品 pixivで「足利義輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 505631

コメント