ピクシブ百科事典

足利義輝

あしかがよしてる

室町幕府第13代征夷大将軍。
目次[非表示]

生年……1536年3月31日(天文5年3月10日)
没年……1565年6月17日(永禄8年5月19日)


概要

 父は第12代征夷大将軍足利義晴で、第10代征夷大将軍・足利義稙の養子となった阿波公方・足利義維は叔父で、その子である第14代将軍・足利義栄は従弟に当たる。

出生から将軍まで

 第12代将軍・足利義晴の嫡男として東山南禅寺で生まれるが、「後法成寺関白記」によると誕生直後に外祖父・近衛尚通の猶子となる。この頃の幕府では父・義晴と管領・細川晴元が対立し、義晴はその度に敗れて近江坂本に逃れ、それに義輝も度々従った。その後も父とともに京への復帰と近江・坂本(現・滋賀県大津市坂本)や朽木(現・滋賀県高島市朽木)への脱出を繰り返している。
 義輝は天文15年(1546年)12月、父・義晴から将軍職を譲られ、僅か11歳にして征夷大将軍になる(但し、将軍就任式は京都ではなく、亡命先の近江・坂本の日吉神社(現日吉大社)で、祠官樹下成保の第で行われ、六角定頼を烏帽子親として元服。またその時、「義輝」ではなく、「義藤」と名乗った)。しかし、当時勢力を強めていた三好長慶(みよし ながよし)、及び長慶を影で操っていた長慶の家臣・松永久秀(まつなが ひさひで)らの傀儡(操り人形)にされてしまい、天文22年(1553年)に長慶と対立していた細川晴元と協力して長慶との戦いを始めたものの、敗北して近江・朽木に逃れ、以降5年間をこの地で過ごした(しかし、これもまた長慶と対立していた細川晴元の傀儡にされてしまったと言えなくもない)。なお、亡命中の天文23年(1554年)2月12日に名を義輝に改めている。

執政者としての活動は、
・諸大名の抗争の調停(武田晴信長尾景虎島津義弘大友義鎮毛利元就尼子晴久等)
・懐柔策の一環として、各大名の守護職就任(大友義鎮……筑前・豊前守護、毛利隆元……安芸守護等)、三好長慶・義興父子や松永久秀に桐紋の使用を容認
・自らの名の「輝」の字を毛利輝元伊達輝宗上杉輝虎等、各地の有力大名に偏諱を与えたほか、足利一門であり古河公方・足利晴氏の子である足利藤氏義氏藤政輝氏兄弟には自らの諱「藤」、「義」、「輝」をそれぞれ与え名乗らせている。
等。
そして永禄7年(1564年)7月に長慶が病死した事でついに幕府復活の糸口を掴む。
しかし、三好三人衆および松永久秀にとって古い権力の象徴である義輝は邪魔者以外の何者でもなかった。

松永久秀と三好三人衆の謀反(永禄の変)

 松永久秀は長慶亡きあと、義輝の叔父である足利義維と手を組み、その嫡男・足利義栄(義輝の従兄弟)を新将軍の候補として擁立。永禄8年(1565年)5月19日、久秀は三好三人衆(三好長逸、三好政康、岩成友通)達と共に二条御所にいる義輝を殺害する為に軍勢を差し向ける。
 見張り程度の兵しか居なかった二条御所は簡単に包囲されてしまい、義輝の死も時間の問題となった。この際義輝は薙刀を用いて戦ったと言われるが、寡は衆に敵せず、最終的に敗死を遂げる。享年30。またこの時、義輝の生母である慶寿院も殉死している。
辞世の句は「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

最期の諸説

 義輝の最期の描写は『永禄記』『信長公記』『足利季世記』といった江戸時代あるいは成立時期不明の史料が出典である。しかし同時代史料も含めれば最期には様々な説があり、厳密にはよくわかっていない。
 例えば、永禄の変から数日後~数年後の記述であると思われるイエズス会の宣教師フロイス著「日本史 第65章」には名刀をとっかえひっかえして戦ったなどとは書いておらず要約すると「まず薙刀で戦い、その技量の巧みさは人々をおおいに驚かせるものだった。次に更に敵に接近するために薙刀を捨て刀を抜いて奮戦したが傷を負い地面に伏せたところで殺された。」と記している。
 同時代の公卿山科言継の日記『言継卿記』では5月19日の辰の刻(午前8時)に、三好・松永軍1万が武家御所(二条城のこと)を襲い、奉公衆が数多く戦死した後に午の刻(午前11時)に義輝は自害したという。また特定できるだけで義輝の側近のうち2割弱に及ぶ人数がこの戦いで将軍と共に戦死したという(以上、今谷明『戦国時代の貴族――「言継卿記」が描く京都』)。

 執筆年代は江戸時代に入ってしまうが、松永貞徳の『戴恩記』では、松永勢に御所を囲まれて自害した、とある。同じく江戸時代の記録であるが、柳生宗矩が雲林院光成を推薦する書状の中で、足利義輝が塚原卜伝の弟子であるという記述は存在する(三重県史編纂公式)。が、免許を皆伝したという明確な記述はない。
 同時代史料であるフロイスの記録と言継卿記を見る限り、名刀コレクションを使用したというソースはない。また、ごく稀に愛刀家だとか刀マニアだとか言われることがあるが、当然ながらこれらを裏付けるソースもなく、そもそも足利家の宝剣も義輝が収集したものではない。
さらに、塚原卜伝から「一の太刀」を授かったというエピソードは甲陽軍鑑のみであり、やはり同時代のソースはない。なお、永禄の変当時の将軍に対する呼び名は「公方」「大樹」と呼ぶのが普通なので、剣豪「将軍」という呼び名は後世に付けられたものであろう。まとめると、彼のラストバトルにおいての活躍のほとんどが後世(江戸時代後期以降)の創作で、剣豪将軍という呼び名も江戸後期以降に発現したフィクションからなるものと、「あれ?剣豪将軍って別に剣豪じゃなくね?」という結論に達してしまうのである。
フロイスの言を信じるならば、剣豪とまでは行かずともメインウェポンである薙刀の扱いに優れていた事は確かであり、また言継の日記も含めるならば、義輝主従は善戦した、というのが無難な結論になりそうである。

…なお、有力な家臣の多くは義輝の死の直後に主の敵方である三好三人衆筆頭、三好長逸の機嫌伺に赴くなど、「一体主君を何だと思っているのか」と言わざるを得ない行動を取っていたりする。これについては下記の人物と評価を参照のこと。

人物と評価

 フロイスによると、義輝は「はなはだ勇猛果敢な武士であった」「つねに平和の愛好者で18年このかた、大いなる賢慮をもって天下を統治してきた」という。まあ宣教師を迫害してフロイスに暴君と呼ばれた久秀に比べて、義輝には布教の許可を貰えたから好意的だという面もあるかもしれない。
 しかし、政治的手腕に問題がなかったといえば全くそのようなことはなく、剣豪将軍(この呼び名は後世に付けられたもの)という正々堂々たるイメージの呼び名とは裏腹に、実際は時の京の支配者、三好長慶を暗殺せんと様々な悪知恵を働かせていた。義輝は長慶の仇敵・細川晴元を出家させ幕政から遠ざけることを条件に長慶と和睦、奉行衆に引き入れたにも拘らず、自らその約束を破って晴元と結び、折角成立させた和睦を台無しにしてしまう。フロイス言うところの平和の愛好者というのは一体なんだったのか…。
晴元の行動を許容しないと自筆の御内書を二度までも長慶に送っておいてこれである。結局再び三好勢との戦いになり、当然のようにボロ負けして京都から追放された。この義輝の行動について松永久秀六角義賢の重臣永原重興に宛てた書状で「自分で持ち出した約束を破ったので天罰を喰らった」と痛烈に批判している(「阿波国徴古雑抄所収三好松永文書」)。
この当時の義輝の戦績はさんざんで、やめときゃいいのに三好家に挑む→ボロ負け→京から追放という負のトライアングルの繰り返しであった。京都を追放された怒りで我を忘れ冷静な判断力が低下していたのかも知れない。
 三好長慶はむしろ穏健派で、積極的に義輝を擁立しようとさえしていたので、義輝が長慶と協力体制を敷くことさえ出来ていたならば、その後の義輝の運命もまた違ったものになっていたかもしれない(まあ、義輝には義輝の言い分や行動理念もあったであろうが)。実際、長慶は義輝暗殺を最後まで反対していたという。
 結果として、自らの置かれた状況を読み違え続けた義輝は、長慶というストッパーを失ったのち反義輝派である三好三人衆及び松永久秀らに殺害されることとなった。
 これらの情報を考え合わせれば、義輝が幕臣を掌握できぬまま没したことは明白であり、上記「最期の諸説」にある義輝の死後、直ちに三好長逸についたという重臣達の行動もさほど可笑しいといえないのではあるまいか。

 『信長公記』において、織田信長旧臣の太田牛一は将軍義輝暗殺について、「将軍が天下の執政者に対して謀反を企てたので殺されたのだ」としている。

 松永貞徳の『戴恩記』では、「大変な御所であり、刀に黒紙を巻いて闇夜に辻斬りを行った。三好家はその所業を恐れて義輝を討った」と否定的な評価である。もっとも「そんな人を守って御所で死ななかったからといって細川藤孝様が批判される筋合いはないのだ」と続いている。こうなると、暗殺事件当時まだ生まれていなかった江戸時代の歌人たる貞徳が、歌の師匠である藤孝を庇って書いているように読めなくもない。

 開明的な人物であったようで、フロイス等にキリスト教布教の許可を与えたばかりか、欧州の技術にも興味を示している(以下、桐野作人『火縄銃・大筒・騎馬・鉄甲船の威力』より)。すなわち、永禄元年(1558年)閏六月、大友宗麟に命じて鉄砲の複製を製作させている。また上洛した長尾景虎らに鉄砲の実物や玉薬の製造法などを授けてもいる。永禄三年(1560年)三月十六日付で同じく大友宗麟からの大砲献上に対して大いに喜んだ旨の御内書(礼状)を発行している。

妻子

 フロイスによると、小侍従と呼ばれた側室(進士晴舎の娘)を熱愛しており、二人の娘があったらしい。義輝暗殺の後、身籠っていた彼女は遺児による復讐を恐れた追っ手に狙われ、娘たちへの手紙を残して知恩院という寺にて討たれたとのこと。彼女は知恩院の長老に己の葬儀を依頼して快諾を受け、それから討とうとして仕損じた追っ手の兵士を落ち着いてたしなめた。その場にいた者は、彼女の死に誰もが涙したという(『日本史3』第一部二十五章、第一部六十五章)。

登場作品

足利義輝 (戦国大戦

R足利義輝


声:浜田賢二 二つ名・剣豪将軍

他家の一員として登場。兵種は戦闘アクションが無いものの、最も兵力が高い足軽でコスト2、武力8、統率4、魅力・気合を持つという安定したスペックで、兵種と相まって驚異的な固さを持っている。その為、端攻めもしくは乱戦で粘り強い活躍を見出す事が出来る。

計略「秘剣一ノ太刀」は自身の移動速度が大幅に低下するもののMAXまでチャージした時の威力は破格の一言(義輝と同じく武力8で兵力100%の敵部隊を一撃で葬り去る事が出来る)。
まさに剣豪将軍の名にふさわしいカードとなっている。

足利幕府よ、永遠なれ!

足利義輝戦国BASARA

練習。


声:池田秀一 二つ名:天政奉還
戦国BASARA4で初登場。あらゆる才能に恵まれた、室町幕府のかつての王。
足利十三代となった己の時代において日ノ本から活気が失われたことを憂い、再び人々の熱い息吹を求める。

戦国無双シリーズ

武器:刀剣 声:山田真一(2Emp)、江川央生(2猛将伝)、宮坂俊蔵(3)

将軍家としてではなく、一剣士として相手願おう!」(Emp特殊セリフ)
天下の将軍たる予を亡き者にせんとは!松永久秀、この大悪党めが!」(4-Ⅱ:反逆の章OPより)
愚かなり、久秀!剣豪将軍たる予を討てると思うたか!」(同上)
剣豪将軍の異名、伊達では無いぞ!」(4Empイベント:剣豪試合より)

激・戦国無双や戦国無双2empiresで一般武将として登場し、2猛将伝では無双武将に昇格した佐々木小次郎の穴埋めの護衛武将として登場した。(同じような経緯で高橋紹運も護衛武将として登場したが、義輝のみグラフィックが2Empと異なる。)

3Empではモブ武将ながら、強キャラの1人として設定されており、その上に特殊セリフに加えて松永久秀とのイベントがある。

その後、戦国無双4では登場しなかったが、4-Ⅱにて固有グラフィックの一般武将(グラフィックは尼子勝久と同じだが、顔部分のみ一条兼定や小早川秀秋と同じ)として登場したが、出番は何と反逆の章のOPのみで敵軍に1人で果敢に奮闘するも最終的に松永久秀の投げた爆弾によって爆死させられてしまった。

4Empでは弟・義昭同様に固有武将の1人として登場。3と同じく固有台詞が存在し、更にイベント「剣豪試合」で登場させると富田重政と同じく固有の台詞を呟く。

関連イラスト

足利義輝
【歴史創作】足利義輝



関連タグ

戦国武将 戦国大名 室町幕府 征夷大将軍 剣豪将軍
松永久秀 三好長慶 足利義栄 足利義昭 塚原卜伝

pixivに投稿された作品 pixivで「足利義輝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1198838

コメント