ピクシブ百科事典

軽便鉄道

けいべんてつどう

軽便鉄道とは、通常の鉄道よりも規格を低く(線路の幅を狭くするなど)して安価に建設された鉄道をいう。
目次[非表示]

軽便鉄道は鉄道のうち、通常のものよりも規格を低く(狭小な軌間、軽量のレール、それに伴う車両の矮小化、急勾配・急曲線など)して安価に建設されたものであり、運行時は通常の鉄道に比べ最高速度が低く輸送力も小さくなる。

日本における状況

 日本においては狭義には「軽便鉄道法」(明治42年制定、大正8年廃止)に基づいて建設された鉄道、そのほか国鉄在来線に使用された1067mmより狭い軌間鉄道および軌道を指す。
 現在残存している路線では北勢線がこの法律にのっとり敷設された路線である。ちなみに四日市あすなろう鉄道は当初軌道(路面電車)だったものを変更したもの、黒部峡谷鉄道は軽便鉄道法以後、専用鉄道としての敷設である。

歴史等

 日本においては私鉄の法律が定められたのは明治20年に勅令(天皇が発した法的効力のある命令)として私設鉄道条例が公布、これが明治33年に法律である私設鉄道法が公布された。この法律では私鉄は厳しく管理され、さらには特別の場合以外は1067mm、3ft6inch以外の軌間を認めないという条文が存在した。
 さらには明治39年、鉄道国有法により日本に存在した私鉄の約半数を買収した。これによりうまみに乏しい私鉄を新規経営するものがいなくなった。
 また、鉄道に関する法律のほかに路面電車を管轄する軌道条例による実質的な鉄道の運営が可能でありさらにはインターアーバンの考えもすでに入ってきており、この法律による実質的な鉄道の敷設運営が行われるようになった(有名なところでは大日本軌道朝倉軌道があげられ、インターアーバンの実例としては阪神電気鉄道京浜電気鉄道後の京浜急行電鉄があげられる)。これは地方における鉄道の不在および関係省庁のコントロールが難しくなることを意味した。
 そこで政府は明治42年、軽便鉄道法を公布し、鉄道の普及を促すことにした。さらには政府もこの法律を使い、路線(軽便線)を敷設した(この法律に基づく路線では1067mmなどでも敷設は可能であったため、国鉄の路線は基本的にそれに従った)。
 この法律によりすでに簡易な規格であった殖民軌道(後の簡易軌道)が各地に鉄道の敷設が行われるようになった。その中には今まで認められていなかったナローゲージによる鉄道も多数含まれていた。
 ところがこの法律があまりにも経営者に有利であったため私設鉄道法が形骸化、そのためこの二つの法律を廃止し、新しい法律である地方鉄道法を大正8年に公布した。
 また、これらの簡易な鉄道は、大規模な工事現場や工場および発電所などで貨物や人員の輸送などに使用される専用鉄道、山林で作業員や伐採した木を輸送するための森林鉄道、鉱山などで採掘した鉱石や作業員を運搬するための鉱山鉄道などにも用いられている。
 これらの鉄道は地方交通に多大な影響を及ぼしたものの、道路の整備により路線バスとの競争にさらされるようになり、さらに第二次世界大戦における不要不急線による路線供出、1950年代終わりごろより発生した道路整備および工業力増加によるモータリゼーションなどによりこれらの路線は廃止および廃線、あるいは輸送力増強のため改軌されたため、現在ではナローゲージ路線は国内において3路線が営業しているに過ぎない。

過去に軽便鉄道だった国鉄路線

 これはいわゆる軽便鉄道規格、すなわちナローゲージの路線であり、軽便線で作られたものではないことに注意されたし。
国鉄(一部該当の路線も含む)-石北本線名寄本線(国鉄建設) 久留里線 太多線可部線予讃線日南線日高本線釜石線魚沼線福塩線宇和島線柚木線臼ノ浦線世知原線大隅線
第三セクター移管-西九州線(松浦鉄道)

軽便鉄道の例

根室拓殖鉄道
岩手軽便鉄道 花巻電鉄
仙北鉄道
頸城鉄道
草軽電鉄
黒部峡谷鉄道
尾小屋鉄道
北勢線 四日市あすなろう鉄道
下津井電鉄
朝倉軌道 

軽便鉄道を扱った文学作品

銀河鉄道の夜』(宮沢賢治) 『シグナルとシグナレス』(宮沢賢治) 『岩手軽便鉄道の一月』(宮沢賢治
トロッコ』(芥川龍之介

関連タグ

ナロー/ナローゲージ
森林鉄道 鉱山鉄道 専用鉄道/専用線 トロッコ

表記揺れ

軽便

参照

wikipedia:同項目およびリンク先

pixivに投稿された作品 pixivで「軽便鉄道」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 40679

コメント