ピクシブ百科事典

輝針城

きしんじょう

東方Projectに登場する建物。
目次[非表示]

輝針城とは、

  1. 弾幕STG「東方Project」の第14作目東方輝針城の略称。
  2. 幻想郷に存在する建物。

本項では主に2について記述する。

概要

空中に浮かぶ逆さの形をした城。幻想郷の上空に建っている。
少名針妙丸鬼人正邪の拠点になっている。
東方輝針城』で登場。5面と6面は輝針城の内部が舞台となっている。
重力ごと逆さになっている訳では無いのか、ステージ風景の内装も逆さに描写されている。
天守閣が存在することから和風の城であると思われる。
天守閣からは幻想郷を見下ろせる絶景となっている。
『東方輝針城』4面では打ち出の小槌によって起こった魔力の嵐を纏っていたが、しばらく経った後の6面ではその嵐が晴れていた。異変後は小槌の魔力が尽き、針妙丸も魔力を使う事をやめたので、もう嵐は起こしていない。

針妙丸が自身の力を強めるために使った打ち出の小槌は、その代償として幻想郷中に魔力を洩らす形で振りまいていた。その力は普段はおとなしい弱い妖怪や動かない道具に力と凶暴性を与える物であった。その結果、道具が魔力を得て自我を持ち動き出した付喪神達には「力をくれる場所」として認識される事となり、小槌から生まれた付喪神達がこの城を目指していた。ただ針妙丸は道具の持つ気持ちに共感していたので、そういった弱者が来たら力を分け与えるつもりでいた。
その事情を知らない人間の自機達が此処を訪れたのは、上記の魔力嵐を不審に思って嵐に突入した際に、そこで出会った付喪神の九十九弁々九十九八橋に彼女らが目指していた城の事を教わったからであった。

元々は針妙丸より前の代の小人が「民を統治できる城が欲しい」と願って打ち出の小槌を使ったことによって誕生した。しかしその願いが大きすぎた為、輝針城は出現した瞬間に逆転し、鬼の居る世界に行ってしまった。
針妙丸以外の住人は不明。

内装

薄暗いが、壁は赤く、障子や屏風が金色に輝き、畳には白く光る灯篭が置かれている、豪華そうな城の内装をしている。しかし床は上にある。
自機達は逆さになった城の中を空中浮遊して天守閣目指して階層を進むので、床の側面という珍しい物を見られる。
天守閣は全方レースのような透かしのある窓になっており、幻想郷の地と空が広がっている。

関連項目

東方Project
東方輝針城

pixivに投稿された作品 pixivで「輝針城」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1460197

コメント