ピクシブ百科事典

追手内洋一

ついてないよういち

漫画「とっても!ラッキーマン」に登場するキャラクター。

CV:田中真弓

概要

日本一ついてない中学生。身長142cm、体重42kg、股下42cm、足のサイズ24cm。
作品開始時では中学1年生、終了時は高校1年生。クラスは1年B組→2年C組→3年A組。
趣味はラブレター書き、押し花。猫が大嫌い。泳ぎが苦手。実はらっきょもあまり好きじゃない。

もはや生存が難しいほどの不運に日々曝され続ける少年。例を挙げるとキリがない。

  • 母親が誤って排便中に出産、ボットンがゆりかごとなる
  • 上記のショックのため毛髪が総毛立ってしか生えなくなる
  • 剣山状の毛髪に玉ねぎが刺さって同化
  • ついでに何故か耳たぶとキュウリが合体
  • 日々玉ねぎの臭いに悩まされ朝シャンが日課

つまり、我々が毛髪と耳たぶと思っているものは全て野菜なのである。ちなみに、玉ねぎとキュウリは同じ八百屋にて体の一部となった(キュウリ事件は玉ねぎから3年後)。

第一話で地球にやってきた侵略宇宙人・「カマキリ星人」のUFOの不時着時に潰され、死んでしまう。
その時、地球を守るヒーロー・元祖ラッキーマンに『私は地球では誰かに体を借りなければならないから、合体しよう。そうすれば命を助ける。』と言われ合体し、以降「変身用らっきょ」を食べると宇宙一ついているヒーロー・ラッキーマンに変身できるようになる。
(アニメ版では、元祖は『バイトの都合』で地球を守れないので、洋一に変身用らっきょを渡すのみ。
合体はしない)

同級生の日本一美しい中学生・「奇麗田見代」(みっちゃん)のことが好きで、ラブレターを度々渡そうとするが、持ち前の不運と「宛名を書かない」などといった自身の不注意などで結局作中では一度もみっちゃんに届かない。同じく同級生の「不細工です代」に誤ってラブレターを渡してしまい、惚れられる。(つまり、文才だけはあることになる。彼の父親は「なっ大きい賞」作家)
以来、日々です代に追いかけられることになる始末。その愛されっぷリはもはやストーカーの域を脱しており、「自転車で走っている所を正面から受け止められ、危ないと思い自転車を乗り捨てた後にがっちりホールドされ、自らの不幸を呪い泣きながらも、顔面同士を強制的に押し当てられ続ける」と いう拷問レベルの仕打ちを受けるほど(しかも、ちょうどみっちゃんが見ていて、「中学生なのにそこまで進んでいたの?」と納得されてしまった)。一生ものの傷を負いかねない…。

ボットン便所に産み落とされ、そのショックで髪の毛は全て抜け落ちた。が、彼が5歳の頃に八百屋の店頭にて転び、その際にたまねぎと頭が合体してしまい、「たまねぎ頭」となり、彼のトレードマークに。また、耳は福耳ではなく、8歳の頃に彼が八百屋の店頭にて転び、キュウリと合体し出来たものなので、「キュウリ耳」らしい。

性格はそのついてなさ故か、中々にタフ。多少ついてない事が起こっても、全てを『ついてねーっ!』の一言で済ませる事がほとんど。そして前向き・少しお調子者なので、少し良い事があると、『今日はついてるぜ…追照くんに改名しなきゃね』といったセリフも前半では多々見られる。
『おばか』な部分もあるが、心の中などで冷静なツッコミを入れる事もあり、その場その場で臨機応変に性格や見方を変えるタイプだと思われる。

ちなみに、最終的には「大宇宙一ついてない」にまで昇格(?)した。
が、最終回付近にて元祖ラッキーマンと分離し、最終回では「日本一ついてない」に戻った。

関連タグ

とっても!ラッキーマン ラッキーマン 杉田努力 目立たがる


野上良太郎:洋一と同じく不運体質の主人公繋がり、ちなみに天才マン中の人敵組織怪人を演じている(なお、演じた怪人は天才マンとは逆におバカである)

pixivに投稿された作品 pixivで「追手内洋一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 101245

コメント