ピクシブ百科事典

逆さ喋り

さかさしゃべり

小説『刀語』の登場人物・真庭白鷺の、独特の喋り方

るあで方り喋の鷺白庭真・物人場登の『語刀説小新維尾西、はとり喋さ逆
る喋でん読らか逆を文、どなるす音発と「まあ、このばあいはしかたねえか」を「かえね方仕は合場のこ、あま」。る振をビルと「ばあい」、「しかた」、き書と「まあ、この場合は仕方ねえか」はで文本。
ういとるいてし係関に接密と「し探鱗逆」法忍きべる恐う使の彼、がい無が写描に中作。るれわ思とたっかならかわかのるいてっ言を何はに者聴視のどんとほ、めたたっか無らす幕字はでメニア、がむ済で度程いらづみ読はで説小。



つまり?

逆さ喋りとは、西尾維新小説刀語』の登場人物・真庭白鷺の喋り方である。
「まあ、この場合は仕方ねえか」を「かえねたかしはいあばのこ、あま」と発音するなど、文を逆から読んで喋る。本文では「かえね方仕は合場のこ、あま」と書き、「たかし」、「いあば」とルビを振る。
作中に描写が無いが、彼の使う恐るべき忍法「逆鱗探し」と密接に関係しているという。小説では読みづらい程度で済むが、アニメでは字幕すら無かったため、ほとんどの視聴者には何を言っているのかわからなかったと思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「逆さ喋り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2556

コメント