ピクシブ百科事典

逆刃刀

さかばとう

るろうに剣心の主人公が用いる武器。 切れる部分である刃がそっている側に、つまり逆側にある刀。 また、それに転じて上記の特徴を持った日本刀が描かれているイラストにつけられるタグ。
目次[非表示]

るろうに剣心においての逆刃刀

主人公である緋村剣心(以下、剣心)の用いる刀として登場。
人斬り抜刀斎時代に起きたある悲劇をきっかけに、人斬りをやめて流浪人(るろうに)になろうとした際に刀匠「新井赤空」から授けられる。
峰とが逆になっているため、逆向きに持ち替えない限りは人を殺せないとされている。
その刀身の特徴から抜刀術に向かないとされるも主人公は自身の技量を用いて難なく扱っている。
のちに瀬田宗次郎との抜刀術の打ち合いで真っ二つに折られてしまい、
京都の白山神社に御神刀として奉られていた赤空最後の一振り「逆刃刀・真打」を新たに得た。
最終的にその刀は明神弥彦へと受け継がれる。
そこからさらに、明神弥彦と三条燕の息子である明神心弥と、剣心と神谷薫の息子緋村剣路が逆刃刀の継承をめぐって対決する、という構想があったらしい。
なお、OVA「星霜編」では正式に弥彦から剣路に継承されている。

タグにおいての逆刃刀

上記に転じて逆刃になっている刀につけられている。
が、あえてそう言った刀身にしたのか、波紋の部分と逆にしてしまったのかは不明。

現実においての逆刃刀

2013年の10月に、千葉県白井市の旧家から峰と刃が反対の小刀が見つかったことが14年2月に発表されネット上で話題になったが、柄の中に入る茎(なかご)と呼ばれる部分が異常に小さいことから、「遊びで作ったのではないか」と専門家から見られている(事実、同市教育委員会からは「日本刀の製法に則っていない。」として美術刀申請が却下されている。)その他に、小烏丸のような反り側の上端部に刃がついている(切先が両刃になっている)ものも存在する。
また、マチェットのように仕様用途や力のかけやすさから道具として反り側に刃があるものは多数存在する。

余談においての逆刃刀

余談だが、実際テレビ番組で同じ構造の模造刀を用いて行った実験ではパイナップルを一刀両断にしており、現実に置ける殺傷能力は達人レベルであれば充分以上である事が示されている。
それでいて剣心が不殺を維持できるのは、剣心の絶妙な力加減によるものなのかなぁと妄想してみたりして・・・。

関連タグ

日本刀 るろうに剣心

pixivに投稿された作品 pixivで「逆刃刀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 228435

コメント