ピクシブ百科事典

逸見政孝

いつみまさたか

昭和中期から平成初期にかけて活躍していたアナウンサー
目次[非表示]

概要

昭和中期から平成初期にかけて活躍していたアナウンサータレント司会者
元々は局アナだったが、独立してフリーになった。
息子に、俳優司会者逸見太郎が、娘に女優タレント、レポーターの逸見愛が居る。

人物

愛称は「いっつみい」
(苗字の「逸見」と「It's me」をかけたもの)

関西出身だが、方言を消す為の努力(アクセント辞典の丸暗記等)をしそのハンディの克服に成功した。

生真面目で頑固一徹、亭主関白でもあり、堅そうなイメージがあったが時折見せるユーモラスでお茶目な一面や独特の優しい笑顔、そして何時も感謝の気持ちを忘れないといった人柄の良さも相俟って、徐々に人気を博していった。

しかし、1993年初春頃にスキルス癌(※)に身体を蝕まれている事を記者会見にて発表、その年のクリスマスに、48歳という若さでこの世を去った。
古巣のフジテレビのニュース番組「スーパータイム」で訃報が報道された際、スーパータイムで逸見とキャスターを務めた安藤優子は本番中に思わず泣き崩れてしまった。

「平成教育委員会」で同じく司会者として出演していたビートたけしは葬儀の際に弔辞も読めないくらい葬儀中はずっと号泣してしまうほど信頼関係は厚かった。
明石家さんまは癌告白の記者会見を見て「この人はもしかしたら帰ってこないかもしれない」と不穏な予感がしたという。
まだ逸見が告白前に島田紳助はある番組で冗談で癌のネタを逸見に振ったのだが後にそれが事実だった事を知り、知らなかった事とはいえ凄く後悔した。ダウンタウンは若手の頃の東京において親交がある。

※スキルス癌は進行性が早く、早期発見をしないと治療が難しいとされている。

関連動画



関連タグ

山城新伍 司会者 アナウンサー スーパータイム 幸田シャーミン
ショーバイ ミリオンスロット 逸見太郎

pixivに投稿された作品 pixivで「逸見政孝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1887

コメント