ピクシブ百科事典

遊郭

ゆうかく

遊女を抱える売春宿を一か所に集め、塀で囲った場所。政府公認の売春の場だった。
目次[非表示]

概要

公許の遊女屋を集め、周囲を塀や堀などで囲った区画。安土桃山時代から昭和30年代に存在した。
1584年(天正13年)、豊臣秀吉の治世に、今の大阪道頓堀川北岸に遊女が集められ、最初の遊廓がつくられたといわれている( → 遊廓も参照の事)

その時代の「政府公認」の女遊びの場。遊女が宴席で男性客に踊りを始めとする遊芸を見せ、春をひさぐ場所である。大きな都市の郊外に設置される事が多く、その土地の遊郭ごとの決まり事やしきたりがあった。

遊郭の中でも、格が高い見世の高級遊女と肌を合わせられるのは、多額の金を積み、いくつもの手順を踏んだ馴染み客だけだった。現代で言うと高級クラブに近い大人の遊び場である。
しかしそれ以外の遊女は客を選ぶことは出来ず、誰にでもわけへだてなく色を売った。
なお、江戸時代には遊郭以外の街頭や旅籠(はたご)などで売春を行う女性も居た。こういった私娼の集まるの売春街は岡場所などと呼ばれ、さらに安く手軽に女を買うことができた(ちなみに江戸時代中期頃までは男を買うのも普通だった)。

遊女たちは、さまざまな境遇から 多額の前借金を背負って遊女屋に年季奉公しており、その借金を返済するため身を粉にして働いていたとされ、江戸時代は実質的な人身売買が行われていたと言われる。遊郭の隆盛は明治以降、さらには戦後GHQの指令により公娼制度が廃止されても続き、貧しい親の借金の肩代わりに、遊郭に売られる娘が後を絶たなかった。

遊郭の隆盛の灯が消えたのは昭和32年(1957年)、売春防止法が成立してからのことである。

別名・表記揺れ

遊廓  花街 遊里 傾城町

関連タグ

性風俗 売春 赤線
吉原遊郭 島原遊郭 丸山遊郭 薄野遊郭 
遊女屋 / 傾城屋 / 妓楼 張見世 置屋 茶屋 / 引手茶屋
水揚げ / 初花 花魁道中 身請け
娼妓 遊女 新造 格子 太夫 花魁 / おいらん かむろ 
着物 日本髪  煙管 座敷 / お座敷
遊郭パラレル / 遊郭パロ

陰間茶屋 湯女風呂 岡場所

pixivに投稿された作品 pixivで「遊郭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1211585

コメント