ピクシブ百科事典

達磨大師

だるまだいし

禅宗の開祖であるインドの高僧。
目次[非表示]

禅宗仏教の開祖であるインドの伝説的高僧。

概要

正式な名は『菩提達磨(ぼだいだるま、: बोधिधर्म, bodhidharma, ボーディダルマ)』実在したか正確には不明だが、ペルシャ人だったとも言われる。

達磨さん1(モノクロイラスト)
達磨大師。


悟りを開くことを求めて修行のために坐禅を続けたと言われ、その末に手足が腐り失ってしまったと伝えられており、5世紀から6世紀初に大陸に渡り、中国から始めにの教えを広めたと言われ、後に朝鮮を通りベトナム日本にも伝えられた。

余談

日本では手足を失うほど修行した逸話から、馴染み深いおもちゃだるま」が作られた。
また、手足を切断された「達磨」と呼ぶ失踪者の都市伝説がある。

また、インドの代表的な古武術であるカラリパヤットの達人であったとされ、の教義を人々に説く際にも利用されたという。
そのため、それらの技術が禅と同時に伝えられ、現在でもアジア諸国で伝えられている武術拳法のルーツとなっているとされている。

関連タグ

仏教 僧侶 禅宗 座禅 インド インド人 日本文化 だるま 雪だるま

都市伝説 達磨 R-18G 四肢切断 四肢欠損 だるまだっこ

pixivに投稿された作品 pixivで「達磨大師」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8790

コメント