ピクシブ百科事典

邑輝一貴

むらきかずたか

邑輝一貴とは、『闇の末裔』のキャラクター。

概要

CV:速水奨
東京で勤務医をしている医者。透けるようなプラチナブロンドの髪に銀色の瞳、右目を前髪で隠している。
紫園(しおん)大学医学部卒。代々続く医者の家系でお金持ち。
アンティークドールを集めるのが趣味らしく、旅先にも持ち歩いている。
式神の召喚や呪いにも通じており、数々の事件の黒幕で、殺人現場を目撃してしまったを呪殺した犯人。

祖父・邑輝雪貴(むらき ゆきたか)が生前の都筑の主治医であり、雪貴の残した資料により都筑の存在と
その特異な体質を知る。そして都筑の生命力を利用し、亡き腹違いの兄・咲貴(さき)を復活させて
自らが殺すという計画のため、都筑を狙っていた。

櫻井寺右京という名の彼女がいる。
付録本では、京都の事件の数年後に友人・壬生織也の元へと戻される様子が描かれている。

関連タグ

闇の末裔 黒崎密 巽征一郎 邑輝一貴 亘理温

pixivに投稿された作品 pixivで「邑輝一貴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6499

コメント