ピクシブ百科事典

郭淮

かくわい

郭淮とは三国時代の武将・政治家。字は伯済(はくせい)。
目次[非表示]

郭淮(かくわい、? - 255年)は、中国、後漢末から三国時代の武将、政治家。魏に仕えた。『三国志』魏志に伝がある。字は伯済(はくせい)。
并州太原郡陽曲県の人。郭全の孫、郭縕の子、郭配(賈充・裴秀の舅)・郭鎮の兄、郭統の父、郭正の祖父。郭奕、郭槐の伯父。


概要

建安年間(196年 - 220年)に孝廉で推挙され、平原の丞となった。

曹丕は五官将となると郭淮を召し出して門下賊曹に加えたが、間もなく曹操について漢中征伐に随行した。漢中制圧後は征西将軍夏侯淵の司馬としてその地に残り、ともに劉備に備えたが、劉備軍の侵攻の際は病気で参戦していなかった。219年の定軍山の戦いで夏侯淵が討たれると、軍は混乱したが、郭淮は混乱する兵士を取りまとめ、トウ寇将軍張郃に司令官を代行させ、翌日の劉備の侵攻も機略を用いて防いだ。曹操は漢中に到着すると大いに感心し、張郃に節を与え漢中駐留軍の司令官とし、郭淮をその司馬に任じた。

曹丕(文帝)が王位についたとき、郭淮は関内侯の爵位を与えられ、鎮西長史に転任した。このとき、征羌護軍も兼任し、左将軍張郃と冠軍将軍楊秋を監督した。周辺の賊を討伐し、関内を平和とし、民衆を安んじた。

文帝が帝位に就くと、祝賀に出向いたが、都へ向かう途上で病気にかかり、彼は都までの道のりと日数を計算した上で療養に努めた。ところが、彼が参内した頃には既に祝宴が行われていたことで、文帝は彼を咎めた。古の例を取って非難する文帝に対し、郭淮はそれを逆手にとって弁明した。そのためかえって文帝に気に入られ、仮の雍州刺史に任命された。その5年後、郭淮は正式な雍州刺史となった。何度も羌族らの反乱を鎮圧したため、降伏者がたびたび訪れてきたが、予め相手の親族関係などを調査し、心をつかんだ。

255年逝去。大将軍を追贈され、貞侯と諡された。郭統が跡を継いだ。郭淮の一族は、晋代にはそれぞれ高官に上ったという。
小説『三国志演義』では253年に姜維の放った矢によって落命しているが、これは創作である。

各登場作品における郭淮


真・三國無双6

獅子



声:蒲田哲
所属勢力:晋
武器:連弩砲(銃剣の付いた携行式のガトリングガン)そんな装備で大丈夫か?(身体への負担的な意味で)

新勢力『晋』の所属武将の一人。一人称は私(わたくし)。
病弱で、せき込むことが多いが、戦場では際立った働きを見せる。
夏侯淵や司馬懿に恩があり、魏への忠誠は人一倍強い。
それ故に魏を裏切り蜀に亡命した夏侯覇に対しては並々ならぬ怒りを抱いている。
また愛妻家でもあり、ゲーム内の会話の節々からソレを読み取る事が出来る。

身長は176cmと割と長身ながら体格は貧相で血色もかなり悪く、目元にはクマまで浮き出ているうえに事ある毎に咳き込んでいたりと、危なっかしくてとても戦場には立たせられない程に弱々しい。
また、体に負担がかかるのか、鎧らしい物は一切装備せず、着ているものといえば文官のような装束ぐらいである。
元文官はあんなに頑強なのに……
しかし、戦闘においては予想外に高い腕力で名だたる猛将達と同等の武器(槍、戟等)を使いこなし、咳き込み倒れながらも得意の連弩砲を乱射しまくって群れなす敵軍を一掃するというギャップでプレイヤーを驚かせた。
何となく世紀末のどっかの次男坊と同じ空気が…

設定だけ見ると今にも召されそうだが、ゲーム本編においては無双乱舞1(敵の体力を吸収し自身の体力を回復)のおかげで高難易度のステージで余程の凡ミスをしない限り滅多に死ぬことは無い。
故にクロニクルモードでの武器集めにも重宝する事となる。

「死神ではないぞ。一応生身の人間ではある…はずだ」
「わざわざ私を雇うとは……ごふっ……。随分と際物好みな人だ」
等の台詞から、自身が人間ばなれしている事(際物)を自覚している様子。

「あの世への道連れ…見つけた…!」

関連イラスト

郭淮~華と扇~
迎撃用意




関連タグ  

三国志 三國無双 真・三國無双 無双 ガリガリ

pixivに投稿された作品 pixivで「郭淮」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1976551

コメント