ピクシブ百科事典

量産型

りょうさんがた

量産型は同じ規格・仕様で大量に生産される工業製品のこと。
目次[非表示]

定義

 この製品は同じ規格仕様にて、量産すなわち大量生産される工業製品のこと。
 試作および先行量産、すなわち量産を行いその過程で不具合を確認する過程で既存の欠点量産に不向きな点などを洗い出し、それらをクリアした上で、完成品として出荷に足ると判断されたものが量産型である。
 また、量産機同士でも流通後発覚した仕様不具合の解消、部品等の変更、または更なる生産性の向上などを理由として改良する場合が存在する。
 対義語は専用品( ワンオフ )または試作型( プロトタイプ )、改造機( カスタム )などが存在している。

フィクションにおける扱い

 なおフィクション、特にロボットアニメ等では試作型が主役機を務め、量産型は相当性能が劣化した廉価版として、ひどい時はやられメカとして描かれていることがしばしばである。またロボット系列のみならず、戦闘艦艇といった艦船類も同じように量産型と言えなくもない。銀河英雄伝説では、試作型戦艦といったものも登場しており、主人公が最後まで乗艦している例もある。
 また、エースパイロット特殊部隊向けに数量限定で少しだけ量産された高性能機というやられメカと強敵の中間に位置する量産型もある。某ゲームではこの手の量産型が最も厄介だったりする。

実際には

 ただし、実在兵器製品においては、量産型が試作型に総合的な性能が劣る事はあまりない( ただし量産型では、試作型における尖った機能や、量産や修理に不向きとされたギミック、さらには「高価すぎてユーザーの財布に見合わない」装備等が削除されることはある )。
 と言うよりフィクションにおける「試作型」は、現実では試作機と言うより「実験機」、あるいは「コンセプトモデル」と言う方が正しいのではないかとの意見がある。はじめから採用する気の無い機能を試作機に搭載する意味は無い( 要は大衆車試作としてF1を造る奴は居ない )と言う事である。実際、フィクションの試作機にはそれまでにない新技術を突っ込み、そして不具合を起こさないようなありえない例が多数見受けられる。
 試作型で発生した使い勝手や信頼性の問題が改善され、性能的にも試作型の弱点が改良されて、はじめて量産型として採用される。言い換えれば、試作型が一切問題無しに動き、量産可能となる方が奇跡であり、そもそも一発で成功出来るぐらいなら試作する必要も無い。

量産機の弱体化

 そのため量産型の弱体化、あるいは試作機が強力な理由付けとして「思ったより生産コストがかかったので仕方なく機能を削った」「思ったより操縦が難しかったので、誰にでも扱えるように性能を抑えた」「政治的理由」「特定のパーツが量産できない、あるいは劣化」「技術の雛形としてあえてコスト無視した」「技術者の馬鹿共が好き勝手やりやがった」などがある。ラスト3つは結局「試作機ではなく実験機」と言う事だが。
 政治的理由としては、試作機に文字通り政治的な象徴を持たせており、実際は試作機ではなく、量産を前提としていなかった、当初の想定価格が明らかに高額すぎて購入できないとされモンキーモデルに変更した、試作機があまりにも戦果を上げすぎたために偉い人達が使用者の暴走を恐れた等がある。後者は「パイロット込みの結果だったので性能下げたらダメダメだった」と言うパターンも存在している。
 なお、現実世界の軍艦に限って言えば上記の「数量限定で少しだけ量産し、問題が発生した場合改良するか、新設計する」ことが常であり、「思ったより生産コストがかかった」事例や「後にいろいろ問題が発生した」事例も少なくない。空母戦艦を何十隻も作れるのは戦時中の超大国ぐらいである。

フィクションにおける例

機動戦士ガンダム」シリーズ

ザクⅡ
ジム
量産型ガンタンク
量産型ガンキャノン
量産型キュベレイ
先行量産型ゲルググ
先行量産型ジム
先行量産型ボール

ガンダムタイプの量産型

量産型F91
量産型νガンダム
量産型Ζガンダム
量産型ΖΖガンダム

スーパーロボット大戦OGシリーズ

量産型ジンライ
量産型Gホーク
量産型ビルトシュバイン
量産型アシュセイヴァー
量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ(通常型・タイプTT
量産型ゲシュペンストMk-Ⅱシュテルベン
量産型ゲシュペンストMk-Ⅱ改(先行試作型・タイプCタイプGタイプN
量産型ヒュッケバインMk-Ⅱ
量産型ヒュッケバインMk-ⅡMHRDT3カスタム

その他

ショッカーライダー仮面ライダー
ライオトルーパー」(仮面ライダー555
量産型マッハ仮面ライダードライブ
自由惑星同盟軍艦艇銀河英雄伝説
量産型ちびジェノスワンパンマン
妹達とある魔術の禁書目録&とある科学の超電磁砲) ※クローン人間

高性能な量産機の例

VF-1A超時空要塞マクロス」)

  • 最強であるVF-1Sとの性能差は誤差レベルである。下記のドラグーンとドラグナーの関係と違い、S型が強化された際はA型も同じだけ強化されている。( なお映画版ではエース専用装備が登場したのでS型とA型の差が増えたが、S型の強化は「威力は高いが命中率は低いビームキャノンを装備する代わりに誘導ミサイルの搭載量は減っている」ため、単純にS型の方が優遇されたというわけでもない )。
  • ただし続編シリーズでは「主人公のみ新型機に搭乗」ばかりである。

オーガスII超時空世紀オーガス」)

  • オーガス二つの機体を繋げた急造機体だったのに対し、最初からオーガスとして設計されているので無駄が無くなり軽量化に成功している( 合体ロボの事は知らん )。
  • ただし高性能過ぎて一般兵には使いこなせないと言う事でリミッターが掛けられてオリジナルより性能が抑えられている言う設定。オルソン専用機はこのリミッターが外されており、主人公機より強い味方機となっている。

ダイビングビートル装甲騎兵ボトムズ

ドラグーン機甲戦記ドラグナー

  • ドラグナー3機の良い所取りをした器用貧乏ならぬ器用万能機。その後IとIIが改造され「カスタム」となる事で高性能化することに( それでもドラグーンはIより砲撃力が、IIより格闘力が強いだろうが )。一方、IIIは最後までカスタム化されなかった( 電子戦機なのでソフトウェアアップデートだけで済まされ、武装や外見の変化が無かった )。
  • ドラグーンはオタク業界における高性能量産機の代名詞となっているが( 登場は上記の三作品の方が早い )、主人公の乗り換えが当たり前となった現代のロボットアニメでは、量産機が「前半の主人公機より高性能」と言うのは良くある設定となっている。
  • じつは設定上ではドラグナー三種のように各方面に特化したカスタム機も存在する。

リーオー新機動戦記ガンダムW

ムラサメ機動戦士ガンダムSEEDDESTINY

シズラーシリーズ(「トップをねらえ!

  • あのガンバスターの量産型だけあってスペックそのものは下手なスーパーロボットよりも遥かに上。設計を見直して余計な機能を省き、ガンバスターからの小型軽量化に成功。実用性ではガンバスターを上回っているらしい。担当技術者曰く「ガンバスターはオーバースペックでしかない」とか。
  • ドラグーンと同じく設定上は「試作機より強い量産機」であるが、悲しいかなそこはフィクション。最終決戦では一万機以上が失われ、ユングの乗っていた機体もブラックホール爆弾内部の圧力に耐えることが出来ず、果しなき流れの果てに旅立つガンバスターを見送ることしかできなかった。

EVA量産機新世紀エヴァンゲリオン

  • 全9機が建造された量産型のエヴァンゲリオン。作中では実質無敗であり、アスカの弐号機を鳥葬したみんなのトラウマはもはや語るに及ばずだろう。

蒼穹のファフナーEXODUS」のパワーズ・モデル

  • ファフナーの搭乗には適性が必要な上、齢を取れば適性自体が低下してゆくためにフェストゥムのコアを搭載した正規のファフナーはパイロットの確保が難しいシロモノであった。しかし本モデルは搭乗員を増やすためのシステムを詰め込んだことで、誰でも人類存続のためにご奉公することができるようになった。性能面も向上し、かつて主人公機を破壊したスフィンクス型程度ならまともにやりあえるほどである。同化対策も万全である。
  • なおここで言う同化対策とはいつものフェンリル(自爆装置)のことである。同化の際に自動で起爆するのはもちろん、隊長機は遠隔で部下の自爆装置をできるという外道仕様。また、誰でもと言ったがその方法は適性がなくてもドーピング漬けにして無理矢理搭乗するというものである。本機種は大量生産型ではなく大量動員型であり、搭乗のハードルを下げたことで本当の意味での同化対策を十分に発揮できていないのである。そもそもネーミング元のパワー(能天使の一種)からして人も最も近いがゆえに最も堕落しやすいという存在。どうしてこうなった
  • こんなシロモノでも戦闘力自体は原型機から比べたらずっと強力になっているのが泣ける。


 このように量産機もほとんどが物語の都合上やられメカである事は変わりなく、設定だけ高性能扱いなのが残念ではある。

現実における例

※前者がプロトタイプ、後者が量産型。
九試単座戦闘機に対する九六式艦上戦闘機
1000形に対する0系( 東海道新幹線 )
そうやに対するつがる型巡視船( 海上保安庁 )

関連タグ

量産 量産機
クローン やられメカ 動く棺桶 モブ どうしてこうなった
試作 試験 プロトタイプ カスタム
量産型やは(pixivユーザー)

なお、間違っても両さんと勘違いしないように注意されたし。

pixivに投稿された作品 pixivで「量産型」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 935926

コメント