ピクシブ百科事典

金子誠

かねこまこと

北海道日本ハムファイターズに所属する元プロ野球選手。背番号8→88。

概要

1975年11月8日生まれ 千葉県出身 B型 内野手
北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手。右投右打。背番号8。

93年ドラフト3位で入団。一応96年の新人王。2011年4月20日、対オリックス戦で通算1500安打達成。
捕球・守備範囲・スローイング・ポジショニング等全てにおいて高いレベルを誇る守備の名手。二塁手時代に5回、遊撃手になってからは2007年から3年連続で守備率1位を記録している。

一方打撃は苦手で、基本的に9番打者で2割前半~中盤の打率がデフォ。打順調整が仕事とよく言われる。その反面意外とチャンスに強く、9番と思えないほど打点は稼ぐなど意外性のある打撃を見せるため、「金子には期待しない(期待しなければ打つから)」が日ハムファンの合言葉。本人も「打撃練習は嫌い」だとか、「指名打者じゃなく指名守備で出場したい」などと公言している。
そのため、どの監督でも打撃力を理由に金子を外しては守備が崩壊してスタメン復帰するため、「金子外しはどの監督も通る道」と言われている。

あだ名は「マック」。選手会長をやっていたため、ファンからは「(元)会長」「相談役」と呼ばれることが多い。名前が「誠」で北海道には五稜郭があるという繋がりから、新選組の誠の旗を模した応援グッズもよく用いられている。

2006年より「ファイターズ金子誠の週刊マック」というラジオ番組を持っている。
1軍で活躍するプロ野球選手が、シーズン中にラジオのレギュラーをもつという、非常に珍しい番組である。

2014年9月27日、14年シーズンでの引退を発表。
10月1日の引退試合には9番・ショートで先発フル出場。走攻守そろった活躍を見せ、チームは8-1で勝利した。
試合後行われた引退セレモニーにて、普段は滅多に見せない涙を見せながらもスピーチでは「今日は僕のために集まってくれてありがとうございました」とヒーローインタビューでおなじみとなったフレーズを発してファンを喜ばせた。
その後チームメイトの手によって胴上げされ、背番号と同じ8回宙を舞い、ファイターズ一筋21年の現役生活に幕を閉じた。

引退後はチーム統轄本部特命コーチに就任。背番号は88。コーチ研修を兼ねた野球留学ののち、一軍・ファームコーチの補佐などフロントスタッフとして活動している。
北海道ローカルのファイターズ戦の放送で解説者をすることもある。

エピソード

  • よく「壁紙」と評される色彩感覚の持ち主。
  • 建山に服を見立ててもらう。店員が話しかけると建山「この人(金子)には聞かなくていいから、こっちに聞いて」その後それまで着ていた服を建山に捨てられる。
  • 10年オフ、ふくらはぎのリハビリの一環で地下足袋トレ。でも「みんながはいたらスパイク履きます」とみごとな天邪鬼っぷり。
  • (金子誠とは)「うな重の山椒。あってもなくてもいいけど、あったらうれしいかな。でも好き嫌いあるよね」
  • 「ススキノは俺のもの」
  • 夫人は元テレビ朝日キャスターの白木清か(しらき・さやか)。

pixivに投稿された作品 pixivで「金子誠」のイラストを見る

関連商品

関連商品をもっと見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6241

コメント