ピクシブ百科事典

金平糖

こんぺいとう

こんぺいとうは、砂糖で作られた和菓子の一種。 名称はポルトガル語で砂糖菓子を意味するコンフェイト (confeito) に由来する。

概要

核となる粒(罌粟、もしくはザラメ)を砂糖で少しずつ包んでいき、多くの突起が付いた玉にする。その形は星に例えられることもあり、「金平糖は甘い」から歌い始めて「夜空のお星様」と連想していくわらべ歌もある。

日本への伝来はかなり古く、その時期については諸説あるが、1550年にカステラなどとともに南蛮伝来の菓子として伝えられたと言う説が有力。
ちなみに、日本で最初に食べたのは、織田信長であるとされている。

乾燥しているので長期保存に適し、乾パン缶詰など保存食には口休めとして入っていることが多い。軍隊との関係も古く、第一次世界大戦の日本軍では携帯されている。現在の自衛隊戦闘糧食にも乾パンと一緒に組み込まれている。

関連タグ

お菓子 和菓子

pixivに投稿された作品 pixivで「金平糖」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 917031

コメント