ピクシブ百科事典

金正恩

きむじょんうん

金正日の息子で、3代北朝鮮最高指導者(第一書記)。北朝鮮のネロ帝
目次[非表示]

概要

金 正恩(キム・ジョンウン、김 정은、Kim Jong-un、1983年1月8日 - )とは、朝鮮民主主義人民共和国の人物。金正日の息子で、3代北朝鮮最高指導者(第一人者第一書記)異名、『元帥様』『北朝鮮のネロ帝』

金正日の三男で、金正男の腹違いのオタク的にはつまらないほど立派な頭のいい人物らしい。
偽名でスイス留学経験があり、外国語に堪能で、スポーツが好きでとくにバスケが好み。
最初は若い頃の祖父・金日成に似た顔の痩せ型のイケメンだったが、父・祖父・兄と同様にデブ化。親子三代デブ。ただ、あまりに急速に太ったためか体に負担が大きかったらしく、近年ではかなり体調を悪くしているとも伝えられており、北朝鮮のメディア(国の性質上、北朝鮮政府のプロパガンダ機関しか存在しない)ですらある程度そのことを認めている。

北朝鮮の権力者・金正日の後継者は正男の予定だったが、正男が東京ディズニーランドへ遊びに行き損ねたため、真面目な正恩が後継予定に変更され、着々と正恩の宣伝が増していった。そして、2011年12月17日に正日が死亡し、正恩が次期権力継承者になることが決定した。
故・金日成生誕100年目に当たる2012年現在、朝鮮労働党第一書記、国防委員会第一委員長、朝鮮労働党中央軍事委員会委員長、朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員、朝鮮人民軍最高司令官に就任している。
しかし、オタク的に言えば立派で真面目すぎ、当然オタク歴も浅く、国内の幹部達や同志達から支持が集まるかわからず、リーダーがいつまで続くか、体制がどう続くかわからない情勢。

以外に明快的な一方でまるで絵に描いたような残虐な命令を出すことが見られ2013年12月には先代から仕えた腹心にして実の叔父でもあり、中国とのパイプ役でもあった張成沢国防委員会副委員長を「クーデターを計画した」として解任の上、彼の部下達とともに処刑し世界に衝撃を与えた。その他にも次々に残虐な処刑を行ったと報じられており、恐怖政治への暴走が懸念されている。

最近の動向としては核弾頭設置代に建設が増加し2015年中にも発射するなどという、十八番の瀬戸際外交の脅迫・恫喝外交をし始めた、しかも同じ政治体制仲間の中国共産党習近平からも親中派の外交幹部を処刑したことから中国政府から『この馬鹿がいい加減にしろよ、お前らどうなっても知らんぞ。』と罵られる始末で新中国新朝鮮始まって以来の険悪さを作ってしまった。

【北朝鮮のネロの悪行伝、2013~15~】※1


 上記にも書いたように第一書記就任後、父親の代に党政府の中枢を担っていた幹部とその一族郎党を(老若男女)を高射砲でミンチにしたり、残虐にも生きたまま粉砕機に突っ込んでこれまたミンチにして殺すなど、マッドマックスも真っ青の引けをとらない魔王ぶりを遺憾なく発揮した。
 どうやら元帥様は2014~2015年の間に父親の3倍以上の無実の一般庶民などの公開処刑を行う一昔前の鬼畜独裁者や中世の暴君的クソ野郎に成り果てたようだ、ここまでの所業を行いながらもいまだに反抗の影も一欠けらも上がらないのは本当に絶望的だ。

ネロのように残虐な発言集

  • 「迫撃砲でやれ」
  • 「神聖な国土に足をつけて死なせるな。」
  • 「(死体)汚物は焼き尽くせ。」
  • 「女子供に容赦するなすべて殺せ。」
  • 「マシンガンでミンチにしろ。」

ネタ

アメリカの某テレビゲームでは北朝鮮が韓国を併合して、アジア各国を次々に征服し、ついにアメリカ侵略にまで乗り出す筋書きだが、作中でノーベル平和賞を受賞したイケメン独裁者として登場する。

中国2chのようなサイトで彼とドラゴンボールの人造人間19号をコラージュした画像が公開されてから「彼=19号」がネタ化している。

 

金正恩(01)



どうでもいいが髪型が凄くダサい。でも北朝鮮国内でそんなことを言ったら最後、良くて強制収容所行き、恐らく上記のようにミンチにされる。

【参考文献(イラスト)】

  • 強いられているんだ(モトキ)
  • (仮)(コネリー)


  • ※1 北朝鮮国内でこういった侮辱文を書くと確実に強制収容所にいくか公開処刑される。本当に嫌だな。

関連タグ

北朝鮮 朝鮮民主主義人民共和国
金正日 金正男 金日成 HOMEFRONT 19号・・・カップやきそば現象

(仮)


ネロ・・・共和国ローマ(ローマ帝国)の5代目の最高指導者(第一人者元首ローマ皇帝ローマ帝))、でっぷり太って好色キワモノ暴君の典型とされ。キリスト教徒を迫害し、見世物にして処刑をしたとされる。

リンク

朝鮮労働党機関紙(労働新聞)

pixivに投稿された作品 pixivで「金正恩」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195312

コメント