ピクシブ百科事典

鈴子・ジェラード

りんこじぇらーど

鈴子・ジェラードとは、「うえきの法則」の登場人物。
目次[非表示]

CV:能登麻美子/松井菜桜子(サンデーCM劇場)

「私は、もう……二度と負けたくない!!!!」


概要

中学3年生。
誕生日は12月24日。血液型AB型。元ロベルト十団員。15歳。
「~ですわ」というお嬢様な喋り方をする。

ジェラード財団の令嬢であったが故に友人に金づるとしか扱ってもらえなかったため、仲間というものに対する憧憬と不信感を持っていた。

ロベルトのことが好きで、彼に必要とされるままにロベルト十団に所属して作戦参謀を務めていたが、十団同士が仲間に対する思いやりを持っていなかったことと、植木が元の敵さえも自己を投げ出して助ける様を見て、十団を裏切り植木らと行動を共にする。

明神達との戦いではテンコと共に身を挺して治療中の植木を守り抜いた。佐野とは喧嘩も多いが、タッグを組むことが多くコンビネーションも抜群である。
しかしマリリンT戦では開始直後にマリリンに気絶させられ、リタイアしてしまった。四次選考ではアノンに敗北、その後復活してアノンの攻撃からを助けた。

無類の動物好きで、巨大なテンコにも「かわいい」と言う程である(その為、動物には攻撃できないという弱点も)。
普段は優しい女の子だが、前述のように天界のマリリンT戦で全く活躍できなかった事がトラウマとなり、その後は「雑魚」や「役立たず」と言われるとたちまち豹変、慈悲も与えず、相手に彼女の能力の推進力を使った「必殺往復ビンタ」をする、という多重人格になってしまった(バンの「アリンコ」や「ミジンコ」と言う言葉にも反応を見せていたため、それらの言葉で豹変する可能性も)。

本来ならば動物好きなのだが、性格が豹変したら「顔のついた棒切れを生物とは言わない」と鬼発言もしている(バンに対しても彼のリーゼントを「ヘチマ頭」と言っており、「むしってに食わせる」などとも言っている)。
その姿は「地獄絵図」とも評され、最終回で想い人のロベルトまでもが犠牲者の一人になり、結果的に自分からロベルトを振った形になった。

能力

ビーズ」を「爆弾」に変える能力

基本的に物体に触れると起爆する仕組みになっている。
1m程度の範囲ならば遠隔操作で起爆させることも可能。
爆発の推進力を生かして、空を飛ぶ「鈴子ロケット」、ビーズを連続で発射できる「ビーズ砲(キャノン)」、接近戦でのビンタ用(アニメではミサイル並の威力があると言っていた。実際にアノンが放ったを一撃で砕いている辺り、威力は相当高い)。

グローブ」などの道具を使用する(なおグローブはジェラード財団の技術の粋を集めて作られた物で、ビーズの爆発による推進力を平手打ちに加える。さらに、腕への負担を限りなくゼロに近づけた代物)。
道具は全てジェラード財団製。

限定条件:一度手で触れたビーズのみ能力で扱える。

関連タグ

うえきの法則 植木耕助 森あい 佐野清一郎
スイレン…雑魚呼ばわりした相手に怒りを露わにしたという点で共通している。詳しくはこちらを参照。

pixivに投稿された作品 pixivで「鈴子・ジェラード」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38590

コメント