ピクシブ百科事典

銀河帝国軍艦艇

ぎんがていこくぐんかんてい

SF小説「銀河英雄伝説」に登場する銀河帝国軍の戦闘艦艇。同盟軍の様に固有の旗艦が多数存在する。
目次[非表示]

銀河帝国軍艦艇とは、田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」及びそれを原作とするアニメ版・ゲーム版等において登場する、銀河帝国軍所属の艦艇。及びそれらを描いたイラストにつけられるpixiv内におけるタグ
 艦隊を構成する一般的な空母、標準型戦艦、巡航艦、駆逐艦、を中心に大量生産される艦艇がある一方で、同盟軍と同じく個性あふれる旗艦が幾種も登場する。ただし、固有旗艦なれど同系艦で纏められていたのが、ラインハルト・フォン・ローエングラムブリュンヒルトを手に入れて以降も様々な派生艦や試作艦といった個性のある旗艦が登場している。
 フリードリヒⅣ世時代では、ヴィルヘルミナ級大型戦艦が旗艦としての特性を有しており、なんら外見的な特徴がないものの、旗艦としての機能並びに攻撃力と堅牢な防御力を有しているため、性能としては信頼されていたと考えられる。
 また大貴族出身者の軍人達の中には、自分好みの仕様に仕上げる事もある模様。とはいえ劇中でそれについて言及された事は無い。メディア本においてオットー・フォン・ブラウンシュバイクが保有する固有戦艦『ベルリン』は、貴族特有の贅沢な内装(生活面において)をしているという。反面、戦闘機能は二の次だと言う設定もあったようである。
 その後ブリュンヒルトが試作型戦艦として建造され、ラインハルトに与えれたのを始めとして、幾種もの試作型戦艦が登場する。それをフィードバックした旗艦が続々と誕生していった。バルバロッサトリスタンベイオウルフガルガファルムルサラマンドル(火竜)、ケーニヒス・ティーゲル(王虎)、パーツィバルなど、全て個性あふれる旗艦である。

外見

 自由惑星同盟軍艦艇が、ライフル銃に似たものであるとすれば、帝国軍の艦艇は拳銃を模した様なものと言えよう。主力である戦艦は、同盟軍と同様に艦首に主砲を集中配備し、艦尾両舷と下部に機関ブロックを計3つ備え付けている。巡航艦は4つの機関部を設けている。
 なお補助艦艇である駆逐艦、小型艦艇であるミサイル艦、揚陸艇、等は、艦首側が肥大化し、艦体側はスマートになるというアンバランスなタイプであり、肥大化した艦首側にミサイルポッドを集中搭載するなど思い切った設計をしている(なお、このミサイルポッドは取り外し可能な模様)。

能力

戦闘能力

 自由惑星同盟軍の思想は、手数によって圧倒すると言う手法を多用していると思われる(主砲口径の小ささ、砲門数の多さから推測)。変わって帝国軍の戦艦は、主砲数が6門と少ないものの、1門辺りの破壊力にあっては同盟軍を上回っており、相対的な攻撃力では拮抗するのではないかと考えられる。巡航艦クラスも6門に抑えられている。
 これは機関部が同盟軍側に比べて3つもあるために、より多くのエネルギーを確保可能であるからではないかと考えられる。

航行能力

 機関部の数が多い分、同盟軍よりも出力は高いと考えるのが妥当である。そのため外見的に見れば帝国軍の戦闘艦の方がより強力に思えるが、機関部が多ければよいと言う問題ではない。機関部が多ければその分の燃料消費が増えてしまうと考えるのが妥当である。
 ただし、帝国軍艦艇の利点は、その出力のある機関部のおかげで、大気圏内を行き来する事が可能な点にある。同盟軍の様にシャトルを使わずとも、戦艦や巡航艦がそのまま降下してくるのであるから、その威圧感は大きなものであると想像できる。が、フェザーン商人であるマリネスク氏からすれば、戦闘艦の大気圏直接離脱と突入は、大気汚染問題になるとして、あまりいい目では見ていない。

機動能力

 機関部が多いからと言って、柔軟な機動力を発揮できるわけではない。同盟軍の場合は、艦尾に機動調節の為のテールフィンを取り付ける事で、より高度な艦隊運動を可能としている。こうしたソフトフェアの面では、研究を続けた同盟軍の方が一日の長があると言えよう。
 しかし、帝国軍にもウォルフガング・ミッターマイヤーを筆頭として、機動戦術に長けた指揮官も多いので、決して帝国軍艦艇が機動面で圧倒的不利にあるわけではない。

建造工程

 同盟軍が常に量産性やメンテナンス性を重視した生産的設計に対し、帝国軍は機能性を重視した設計であると思われる。上記したように大気圏内における航行能力を求められる他、標準型戦艦でありながらも、正規艦隊旗艦として運用が可能であるなど、内面設備が充実していることから、手間はかかっているのでは居ないかと考えても不思議ではない。

艦艇一覧

旗艦級戦艦(及び艦隊司令官)

ブリュンヒルト(ラインハルト・フォン・ローエングラム元帥→皇帝、帝国軍総旗艦)
バルバロッサ(ジークフリード・キルヒアイス上級大将)
ヴィルヘルミナ(グレゴール・フォン・ミュッケンベルガー元帥→フレーゲル男爵)
ケーニヒス・ティーゲル(王虎)(フリッツ・ヨーゼフ・ビッテンフェルト上級大将)
トリスタン(オスカー・フォン・ロイエンタール元帥)
ベイオウルフ(ウォルフガング・ミッターマイヤー元帥)
クヴァシル(エルネスト・メックリンガー上級大将)
フォルセティ(ウルリッヒ・ケスラー憲兵総監)
ヨーツンヘイム(カール・グスタフ・ケンプ大将)
ヴィーザル(エルンスト・フォン・アイゼナッハ上級大将)
パーツィバル(ナイトハルト・ミュラー上級大将)
スキールニル(コルネリアス・ルッツ上級大将)
サラマンドル(火竜)(ワーレン上級大将)
アースグリム(アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト上級大将)
ガルガファルムル(ヘルムート・レンネンカンプ上級大将)
エイストラ(アルフレット・グリルパルツァー大将)
ウールヴルーン(ブルーノ・フォン・クナップシュタイン少将)
ネルトリンゲン(ウィリバルト・ヨアヒム・フォン・メルカッツ上級大将)
オストファーレン(リヒャルト・フォン・グリンメルスハウゼン大将)
グルヴェイグ(ハンス・ディートリッヒ・フォン・ゼークト大将)
アウグスブルク(シュターデン中将)
オストマルク(ウィルヘルム・フォン・リッテンハイム3世侯爵)
ベルリン(オットー・フォン・ブラウンシュバイク公爵)

標準型戦艦

タンホイザー(ラインハルト・フォン・ローエングラム(少将時代、第6次イゼルローン攻防戦、第3次ティアマト会戦時代))
テオドリクス(イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン中将)
ダルムシュタット(アーダルベルト・フォン・ファーレンハイト(アスターテ会戦、リップシュタット戦役時代))
ヤクトティーゲル

標準巡航艦

ヘーシュリッヒ・エンチェン(ラインハルト・フォン・ローエングラム(中佐時代)

関連タグ

銀河英雄伝説 銀河帝国(銀河英雄伝説) 宇宙戦艦

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河帝国軍艦艇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16371

コメント