ピクシブ百科事典

鋼入りのダン

すてぃーりーだん

「ジョジョの奇妙な冒険」第3部に登場する敵スタンド使いの一人である。
目次[非表示]

「だがね……人間を殺すのに 力なんぞいらないのだよ……」

CV:真殿光昭(PS版格闘ゲーム版)、岸尾だいすけ(テレビアニメ版)

概要

DIOに雇われた、タロットカードの「恋人」の暗示の敵スタンド使い。一人称「わたし(稀にオレ)」。
典雅な物腰を装っており、初めは敵である一行に対して敬語使いすらしたが、手段を択ばない卑劣な男。

最初はドネルケバブ売りに化けて承太郎一行に接近し、一向に捕縛されていたエンヤ婆を殺害。
ジョセフの脳内に「恋人」を侵入させ、人質に取る。
その後、ジョセフを盾に承太郎に次々と無理難題を押し付けて下僕としてコキ使った。
(腕時計を奪う。橋にする。万引きを指せる等)
また、ストーリーが進むにつれ上品だった言動も粗野になっていく。

花京院の策でスタンドが追い出され窮地に陥ると、先ほどまでの高圧的な態度が嘘であったかのように一転。恥も外聞もなく泣きながら命乞いをした。

が、許しを請うふりをしながら、隙を狙ってスタンドを承太郎や無関係な女の子に侵入させようとするなど、悪あがきを行い、最終的には3ページ(52オラ!)(TVアニメ版では66オラ!)に渡ってオラオラのラッシュをくらい、吹っ飛ばされて再起不能となった。
このラッシュ記録は、第三部時点で最多だったが、後の五部のジョルノの七ページにわたる無駄無駄ラッシュに更新された。

(承太郎に「許しはてめーが殺したエンヤ婆に請いな!」「そのツケは金では払えねーな!」と言われた事から、命でツケを払わされるように死亡したという説もある)

性格の変貌

最初は典雅な態度だったが、スタンドがジョセフの体内にいる間はガラが悪くなって威張り散らし、さらにスタンドが追い出されると別人のように卑屈な態度に出た。
ドネルケバブ売りに扮していたの時を含めると短期間で合計3回もキャラクターが変わっており、ジョジョ史上屈指のキャラ変っぷりである。

名言

いいか… 世の中… 自分というものをよく知るヤツが勝つんだ…
すべてはッ おのれの弱さを認めた時に始まる
史上最弱が…………最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も最も恐ろしいィィ マギィ─────ッ!!

スタンド 『恋人(ラバーズ)』

※イラストでは都合上大きく描かれています。

鋼入りのダンと恋人


史上最弱、しかし最も恐ろしいミクロサイズのスタンド。詳細は当該記事へ。

関連イラスト

鋼入りのダン
鋼入り
Do It Again
いれずみ


関連タグ

ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 空条承太郎
暗殺者
ラバーソール 同じく承太郎にオラオララッシュをかまされた愚か者

pixivに投稿された作品 pixivで「鋼入りのダン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260825

コメント