ピクシブ百科事典

鎖部葉風

くさりべはかぜ

鎖部葉風とは『絶園のテンペスト』の登場人物。
目次[非表示]

CV:沢城みゆき

概要

本作のヒロイン。鎖部一族の姫君で歴代最強の魔法使いと言われている。
はじまりの樹を危険視する同族から邪魔者とみなされ、詰めにされ魔法の使えない無人島に島流しにされた。
しかし、彼女が流した魔法の人形入りの詰めのメッセージを偶然真広が拾ったことで、2人は契約を結び愛花を殺した犯人の特定と引き換えに絶園の樹復活の妨害に協力させることになる。そのために自身があらかじめ隠していた魔具を真広に回収させ魔法を使う許可も与えている。

はじまりの樹に祝福されており、かなりの幸運に守られているので簡単には死なない。
しかし、左門の策略により時間の檻に閉じ込められ、一度は膝を折ったものの吉野の策略もあって現在に帰還する。その時の吉野の行動もあって彼に恋心を抱くが自覚は無かった。
樽詰めされた時が高校を卒業した年なので、「生まれ」は吉野・真広より4歳上、「実年齢」は吉野・真広より1歳上ということになる。大学1~2年生くらいと思ってくれればよい。

その後は吉野と共に行動し各地を巡っていたが、潤一郎の指摘で吉野への想いを自覚させられ、さらに「はじまりの樹が葉風の想いを汲みとって吉野の彼女を殺すかもしれない」と言われた事もあり、吉野を諦めようとするが使命感と恋心の間で大きく揺れていく。

本編終了後はレストランウエイトレスをやっているような描写も見られた。

外見

姫様
HAKAZE


桜色ロングヘアと力強い緋色の眼が特徴的な少女。羽村めぐむ曰く「黙ってれば美人」。
衣装は左門に放り出された時にはワンピース姿だったが、無人島でサバイバルを続けるうちにどんどんがボロボロになっていき、最終的にメイン画像の様なを布で巻いて腰布つけただけというワイルド格好になっていった。
絶園の魔法使い編以降は冬場というのもあって、アイボリーコートにスカートと言ったごく普通の女の子らしい格好をしている。

能力

基本は他の鎖部一族同様、防御フィールドによる防御治癒を操るのだが、「一族が束になっても彼女に敵わない」と豪語しているだけに桁違いの規模を誇り、アニメでは一つ半壊させていた。作者曰く「他者の才能努力を圧倒的な天賦の才、そして強運で塗りつぶしてしまう」とのこと。
真広や吉野が使っている高速移動程度ならば空き缶一つで使うことができ、然るべき供物さえあれば、例え致命傷であっても治す事が出来る。
また、防御フィールドを自在に操って攻撃することや、相手の防御フィールドを打ち消すことも出来る。
他にも魔具と呼ばれる道具に魔法の力を封じ込める技も持っており、真広や吉野に魔法を使わせたり、一族の者の力を後押しさせている。

人物像

口調はやや古風だが、島流しにされて4ヶ月ほど無人島でサバイバル生活してたり、嫌な予感がしただけで見ず知らずであった羽村を蹴り飛ばすなど性格はかなりのお転婆。育ちがいい(一応、ちゃんと高校卒業している)せいか山本とムキになって難しい言葉を言い合ったりとなかなか頭もいい。
一方ではじまりの樹に守られた、ある意味「箱入り娘」なので、自分の信じた事を疑わずに右往左往して回りが見えなくなるなど良くも悪くも純情な面もある。
現在に帰還した後は、それまで信じていたはじまりの樹が世界規模で多数の犠牲者を出すなど疑わしい存在になったこともあり、多少回りにも気を使うようになった。
性悪偏執狂魔性の女テンパリストドスケベヘタレ野心家ネタキャラなどと捻くれ者だらけの本作では比較的まともな方と言えるが、左門にとっては今も昔も変わらない悩みの種である。

余談

アニメで声を演じた沢城みゆきは、本来はエヴァンジェリン山本役のオーディションを受けに行っただけなのだが、どういうわけか葉風役に落ち着いたらしい。
また、アニメ版では愛花が「年下」キャラであることを強調するためなのか、原作に比べて少しが大きくなっており(このことは原作公式ガイドブックにて構成担当の左有秀氏も語っている)、胸の谷間に通信用の木彫り人形をスッポリ納める(原作では胸と服の間に挟んでいた程度)など山本同様にお色気要因的な演出が入ることも増えていた。

関連イラスト

絶園のテンペスト3
鎖部葉風(模写) その2


結局私には
葉風



関連タグ

絶園のテンペスト 不破真広 滝川吉野 鎖部左門 
幸運 美乳 舞姫

ジェイク・マルチネス:攻撃手段が少し似ている。

pixivに投稿された作品 pixivで「鎖部葉風」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 217715

コメント