ピクシブ百科事典

鎖鎌

くさりがま

鎌に鎖分銅を取付けた武器。日本の武家階級において武士が修得すべきとされた18種類の武技のひとつ。
目次[非表示]

鎖鎌とは、武器(暗器)の一種である。

概要

農具としての手持ちのに、鎖分銅を付けた物。
出現時期については不明だが、主に帯刀を禁じられた武士以下の階級の人々が護身用の武具として用いていたとされる。
また後世では、忍者の携帯用武具としても使われ、後世の作品においてはこちらで有名になった部分が大きい。

構造

鎌の頭端部に短い鎖分銅を取付けた小型の物と、鎌の柄尻に長い鎖分銅を取り付けた大型の物の大きく2種類がある。この二種の違いは攻撃法で鎖の短い鎌の頭端部に付いているのは鎌がメイン、柄尻に鎖が付いた長い物は鎖分銅がメインの使い分けがされている。もっとも創作では見栄えから柄尻に鎖分銅の付いた物が採用されるケースが多いが。

中には「大鎖鎌」という四尺、七尺の大きさの鎌を用いたものも実在したという。
また鎌の頭部に先を付け、突き攻撃を可能にしたものもあったという

なお、創作作品では鎌や分銅を変則的に改造したものもあり、例として『ギルティギア』シリーズの鎖鎌の使い手・アクセル=ロウの鎖鎌は、分銅をもう一本の鎌に変えた二丁鎖鎌である。

使い方

分銅を直接相手にぶつけて怯ませたり鎖を相手の武器や手足に絡みつかせて動きを封じ(武器の場合は絡め取って手から外し相手を非武装状態にする事も可能)、その隙に鎌で斬り付け止めを刺すのが一般的。
短所として鎖分銅をかわされると鎖を巻き取り回収する手間がかかり隙が生じてしまう事と、初心者にとっては鎖分銅の扱いが非常に難しい所。
ただし、熟練者ともなれば分銅の一撃で相手の頭蓋を粉砕し得る一撃必殺の遠距離攻撃と化し、鎖は相手の武器や体を封じ、鎌は必殺の刃となる。

現在、鎖鎌は「鎖鎌術」としてれっきとした武芸として確立されており、その技を受け継ぐ流派が現代においても存在する。

関連イラスト

流行ると良いな
【PFⅣ 】傭兵バイアン【アルトラント】



関連タグ

武器 暗器
鎖分銅

主な使い手


参考

pixivに投稿された作品 pixivで「鎖鎌」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 168794

コメント