ピクシブ百科事典

目次[非表示]

pixivにおいてキャプションは1000文字入力できる。しかしながらそれを目一杯利用して肝心の絵が目立たなくなってしまうような事態は本末転倒では無いだろうか。専らキャプション芸と呼ばれるこの一連の行為は確かに、好意的に見れば表現方法の一種であるといえよう、しかし、pixivはあくまで「お絵かきを楽しむ」場所なのである。どこぞの焼酎のCMでは無いがあまりにも長いキャプションに対しては「主役より目立とうとするなよ」と愚痴を零してしまいたくなる。主役が目立ち、それを脇役が支え一つの作品を形成するのであって脇役が主役を食おうとして結果として作品全体が駄目になっては元も子もあるまい。最近はpixivにも小説機能が追加された。まだ色々と難点の残るサービスではあるもののしかし文字を書く場はpixivにも整えられた訳であり、わざわざキャプションをだらだらと書く必要は無く小説に思いのたけをぶつけてみては如何だろうか。

長いから三文字で


無理だ

せめて三行で

君の絵に対する熱い気持ちはわかる。
色々語りたいこともあるだろう、大いに語ると良い。
だがコピペは駄目だ、ありゃあ何度もやるもんじゃない。

関連タグ

キャプション芸

pixivに投稿された作品 pixivで「長いから三文字で」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43194

コメント