ピクシブ百科事典

長巻

ながまき

長巻は日本刀の一種で、大太刀から発展したもの。構造上日本刀に分類される、運用上は薙刀に近い武器。

概要

室町期に全盛を誇った巨大武器の一種大太刀を扱いやすく柄を長くとったもの。
外見的には、鍔が武器全体の中央に来るのが特徴といえる。

大太刀の亜種であるが、柄が長くなるほど、形状や運用は槍である薙刀と似通う。
(逆に、薙刀の刀身を長く柄を短縮したタイプもある)

薙刀との違いは

  • 本来長い刀身であったものを柄とするため、茎の部分が長くそれに伴い重い。
  • 薙刀は切っ先が極端に太くなる事があるが、長巻はそれが緩やかか、ほぼ無い。
などが上げられる。

柄部分の刀身がカウンターウェイトとなって、重心を柄側に近づけるため、通常の大太刀よりも振るい易くなる。
また槍や薙刀と違い柄の中にも鋼鉄が挿入されていることになるので、しなりが小さく、打ち下ろしや薙ぎ払いの威力が増し、柄による防御時に柄が破損しにくくなる。
代わりに重くなるので刺突や携帯に向かず、体力と十分な修練を必要とする。
いわゆる大太刀の野戦仕様カスタムであるとも言われ、柄を長くとった大太刀を長巻と呼んでいたものが徐々に柄が長くなり、現在の形に落ち着いたとも言われる。
刃の部分を長くとり柄の長さが足りなくなったものは、薙刀と同様の形態で柄が継ぎ足されることもある、このため柄の長さだけ茎があるわけではない。

また頑丈な長巻を「実戦用」、軽く取り回しのしやすい薙刀を「非常用」「婦人用」と使い分けることもある。

火縄銃に押されて衰退し、江戸時代には「長すぎる刀を持ったらダメ」と禁止令が出され、当時現存していた長大な長巻は「長巻直し」と呼ばれる刀に造り直されて姿を消した。
一方で刀身・柄ともに短めの長巻は諸藩の有事用(前述の非常用長巻に相当)として江戸期にも生産されており、また初めから「長巻直し」風に造られた刀(長巻直し造り)も存在している。

上記の経緯から本来の形で現存しているものが少なく、刀ほど正確な分類・研究が進んでいないこともあり、銃刀法上の分類として「長巻」は規定されていない(すべて「なぎなた」扱い)。

関連タグ

刀剣 日本刀 薙刀 太刀 青龍偃月刀

pixivに投稿された作品 pixivで「長巻」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60487

コメント