ピクシブ百科事典

長谷川バスター

はせがわばすたー

長谷川バスターとは、空知英秋作の漫画『銀魂』の登場人物・長谷川泰三の必殺技(?)である。

概要

第153訓「電車に乗るときは必ず両手を吊り革に」に登場。使用者はマダオこと長谷川泰三
電車から出た後、同乗していた銀時に「ヘマやらかすなよ」と言われた矢先に
何かに蹴躓いてたまたま近くにいた女性を掴んでホームから転げ落ちてしまい、何故かキン肉バスターをかけた状態で着地していた。

これが原因で女性から何故か痴漢の容疑をかけられ、誤認逮捕されてしまった(痴漢と言うより暴行の容疑のほうが正しい気はするが)。
長谷川はこれを事故であると主張し容疑を否定。事態は裁判に発展する。

その裁判で長谷川の弁護についた銀時はキン肉バスターを長谷川が使用しているため、かけた技の呼称を「長谷川バスター」に改めるように異議を申し立てる。
奉行(裁判官)はこの申立を認め、以降長谷川バスターと呼ばれるようになった。

尚第155訓「愛は勝つ」のラストにて見事裁判に勝利した長谷川だが、その直後密かに裁判を閲覧していた妻・ハツの姿を発見し彼女を追いかける。
しかし奉行所入り口の階段でまた何かに蹴躓いた拍子に、ハツに長谷川バスターをかけてしまう。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「長谷川バスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7589

コメント