ピクシブ百科事典

間宮リナ

まみやりな

間宮リナとは、『ひぐらしのなく頃に』のキャラクター。
目次[非表示]

演者

CV&粋&ドラマCD氷上恭子、アニメ・渡辺美佐
実写映画:矢部美穂

概要

ピンクのショートヘアで、ナイスバディな女性。普段は穏やかなお姉さんを演じているが、その本性は陰湿且つ残虐非道な小悪党である。要するにただの性悪女である。
「罪滅ぼし編」から本格的に登場するが、最初に登場したのは「祟殺し編」である。
「祟殺し編」では既に死体となって登場していたが、「罪滅ぼし編」では生きた姿を見ることができる。「罪滅ぼし編」では、竜宮レナの父親の再婚する予定の恋人ととして登場した。
娘であるレナに取り入ろうと色々アプローチするが、レナ本人はどうも好きになれないらしい。
そんなレナにリナは本気でレナの父親の事を愛していると伝える。
その発言に次第にレナも心を開きかけていたのだが、全てはリナの芝居であった。

実はリナは北条鉄平と共謀して美人局をレナの父親に仕掛けていたのだ。
レナの父親から金を絞れるだけ搾り取ろうとしたのだ。
しかし、あっさりレナにばれ、問い詰められる。
面倒臭くなったリナはレナを口封じのために絞殺しようとするが、一瞬のスキをついたレナに鉄パイプで撲殺されてしまう。因みにその後鉄平も殺害される。

古手梨花からは「漁村」で不吉の象徴とされた「深海魚」と呼ばれる。
生きていようが死んでいようが、登場するだけで不幸を撒き散らす間宮リナを上手くついた例えだと言える。

「リナ」という名前は源氏名で、本名は「間宮律子」。

関連タグ

ひぐらしのなく頃に

pixivに投稿された作品 pixivで「間宮リナ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60965

コメント