ピクシブ百科事典

阪急8000系

はんきゅうはっせんけい

阪急80周年記念車両
目次[非表示]

概要

阪急8000系は1988年に登場した阪急電鉄の通勤車両である。GTO素子によるVVVFインバータ制御装置を搭載した。神戸線・宝塚線向けで、あわせて8両編成10本、2両編成9本が製造された。8000系デビュー時は半月間デビュー記念のヘッドマークが取り付けられる予定であったが、1989年1月7日に昭和天皇が崩御したため、デビュー記念ヘッドマークは同日の午前の運用をもって取り外された。また、8001Fは登場当初、車内に貼付された製造年を示すプレートに「昭和64年」と記載されていたが、現在は「平成元年」と記載されたプレートに変更されているため、見ることができない。
メンテナンスが容易なため1995年に発生した阪神・淡路大震災では西宮北口~夙川間の高架橋崩落のため車両基地と隔絶された神戸線に正雀工場から陸送され神戸線全面開通まで40両(8両×5編成)の車両が走り続けた。

派生系列として神戸線大窓車の8200系が2両編成2本、京都線仕様の8300系が8両編成5本、6両編成6本、2両編成4本在籍する。8200系は1995年の阪神・淡路大震災からの阪急神戸線全線復旧によるダイヤ改正(6月12日)に運行開始。8両とつないで10両で運用するときの増結用車両として活躍。折りたたみ式座席を関西の鉄道事業者としては初めて採用した。側面の行先表示器は、阪急唯一の三色LED式である。2007年から2008年にかけて、折りたたみ席座席は廃止されて9000系同様の仕切付きロングシート座席へと改造になった。床材とつり革の交換も実施。現在、試作要素の一つであった車内のLCD装置は撤去されている。京都線向けの8300系は8000系とほぼ同一仕様となっている。8300系は2002年から2007年までケイマン諸島のリース会社であるS&H Railway Co.,Ltd.に売却されリースによって使用されていた(契約満了後、阪急に買い戻された)。

仕様

製造時期によって仕様が異なる。前面は前期型が額縁タイプ、後期型がくの字タイプとなり、宝塚線所属の8両固定編成4本は能勢電鉄乗り入れの為、すべて2アンテナ仕様である。日よけは『鎧戸』を採用した阪急最後の形式となり、終盤に作られた車両はロールカーテンに変更された。

また、デビュー当初は額縁の前面に飾り帯があった(現在は撤去)。

編成表と各編成の特徴

パンタグラフは表記がなければ下枠交差型。日よけは表記がなければ鎧戸。

阪急8000系

←梅田・日生中央 神戸新開地・宝塚・箕面→

前期型

Mc8000-M8600-T8550-T8750-T8750-T8550-M8500-Mc8100
8000-8600-8550-8750-8780-8650-8500-8100
8001-8601-8551-8751-8781-8651-8501-8101
梅田方先頭車8001号は阪急1000系導入試験のため主電動機をPMSMに交換、その後2016年に8001編成すべての電動車の主電動機をPMSMとした。
8008-8608-8558-8758-8788-8658-8508-8108:シングルアーム式パンタグラフ

Mc8000-M8600-T8550-T8750-T8750-T8550-M8502-Mc8102
(斜字の車両はクロスシート車。)
8002-8602-8552-8752-8752-8652-8502-8102
8003-8603-8553-8753-8753-8653-8503-8103
8004-8604-8554-8754-8754-8654-8504-8104:能勢電鉄乗り入れ対応
8005-8605-8555-8755-8755-8655-8505-8105:能勢電鉄乗り入れ対応
8006-8606-8556-8756-8756-8656-8506-8106:能勢電鉄乗り入れ対応
8007-8607-8557-8757-8757-8657-8507-8107:能勢電鉄乗り入れ対応

Mc8000-M8600-T8550-T8750-T8550-T8750-M8500-Mc8100
8020-★8620-8570-8740-8670-★8790-8520-8120
6両固定編成で登場。阪神淡路大震災の被災車両代替のため★印の中間車を追加した。

Mc8000 -Tc8150
8030-8150
8031-8151
8032-8152

後期型

Mc8000 -Tc8150
8033-8153
8034-8154
8035-8155

Mc8040 -Tc8190
8040-8190:シングルアーム式パンタグラフ。日よけはロールカーテン。
8041-8191:シングルアーム式パンタグラフ。日よけはロールカーテン。
8042-8192:シングルアーム式パンタグラフ。日よけはロールカーテン。

阪急8200系

←梅田 神戸新開地→
(前面形状は後期型のみ)
Mc8200 -Tc8250
8200-8250:シングルアーム式パンタグラフ。日よけはロールカーテン。
8201-8251:シングルアーム式パンタグラフ。日よけはロールカーテン。

阪急8300系

←梅田・天下茶屋 京都河原町・北千里・嵐山→

前期型

Mc8300-M8900-T8850-T8950-T8950-T8850-M8800-Mc8400
8300-8900-8850-8950-8980-8870-8800-8400
8301-8901-8851-8951-8981-8871-8801-8401
8302-8902-8852-8952-8982-8872-8802-8402
8303-8903-8853-8953-8983-8873-8803-8403

Mc8300 -T8850- T8950-T8850-M8800-Mc8400
8310-8860-8960-8880-8810-8410
8311-8861-8961-8881-8811-8411
8312-8862-8962-8882-8812-8412

Mc8300-Tc8450
8330-8450
8331-8451

後期型

Mc8304-M8904-T8854-T8954-T8954-T8854-M8804-Mc8404
8315-★8904-8865-8965-★8984-8885-8815-8415
シングルアーム式パンタグラフ。当初は6両固定編成であったが、8304編成の中間車2両(★印)を挿入した。日よけは8904号と8984号が鎧戸、他の6両がロールカーテン。2015年にVVVF装置がIGBT素子に変更されている。

Mc8304- T8854-T8954 -T8854-M8804-Mc8404
8304-8854-8954-8874-8804-8404:当初は8両固定編成であったが、中間車2両を8315編成へ譲った。
8313-8863-8963-8883-8813-8413
8314-8864-8964-8884-8814-8414

Mc8304-Tc8452
8332-8452
8333-8453

運用

阪急8000系

8両固定編成は単独で使われることがほとんど。まれに2両編成とつないで10両で運用される。
2両固定編成は他形式の6両編成とつないで、8両編成として他の8両と共通運用を組む。10両編成の増結用としての運用のほか、2両+2両による箕面線の4両運用(普通列車)にも入る。

神戸線の特急運用から普通運用、宝塚線の通勤特急運用から普通運用に使われる。今津線から神戸線へ乗り入れる準急・臨時急行運用にも使われる。能勢電鉄乗り入れ対応車は特急日生エクスプレス運用にも入る。

阪急8200系

登場時からもっぱら10両編成の増結用である。そのため活躍時間が平日朝ラッシュ時に限られる。

阪急8300系

8両固定編成は単独で使われることがほとんど。まれに2両編成とつないで10両で運用される。
2両固定編成は6両編成とつないで、8両編成として他の8両と共通運用を組む。
6両固定編成は同じ8300系2両、または他形式の7300系2両とつないで8両編成として他の8両と共通運用を組む。

特急は9300系メインであるが、特急運用から普通運用まできちんとこなす。大阪市営地下鉄堺筋線にも乗り入れる。嵐山線へは臨時で入線する(6両編成での運用)。

関連タグ

阪急電鉄 能勢電鉄 8000系 8200系 8300系

pixivに投稿された作品 pixivで「阪急8000系」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4248

コメント