ピクシブ百科事典

陸戦型ジム

りくせんがたじむ

RGM-79[G] 陸戦型ジム(りくせんがたジム)は、OVA『機動戦士ガンダム 第08MS小隊』、『機動戦士ガンダム MSイグルー2 重力戦線』に登場する架空の兵器(モビルスーツ・MS)。 本項では当機のバリエーション機についても解説する。
目次[非表示]

機体説明

地球連邦軍の先行試作量産型モビルスーツ先行量産型ジムの陸戦仕様。
ガンダムの実働データが入手できる以前に開発された機体で、地球連邦軍におけるMSの量産化計画では最初期に開発された。
量産ラインは陸戦型ガンダムのものを流用しており、のちにガンダムの稼働データが入手できてから開発・量産されたジムとは、名前は同じとはいえ仕様が大きく異なっている。
ある程度限定された環境での運用しかできなかったため、最前線とは言い難い東南アジア戦線において主に投入されたが、戦争終盤においてはオデッサ作戦などにおいても投入された。

装甲材はガンダムと同じルナチタニウム合金を採用し、地上用にチューンされた仕様も相まって東南アジア戦線やオデッサ作戦などに投入され、高い戦果を挙げる。
しかし、装甲の高いコストが生産性を低くし、後の正式量産機であるジムでは装甲をチタン系合金へ変更する事になる。

陸戦型ガンダムとは生産ラインや設計を共有しているという事もあって装備規格に互換性があり、また陸戦型ガンダムとは違い連邦軍初の本格的に量産された機体という事もあり予備パーツも豊富に存在した。その為、専用パーツのストックの少ない陸戦型ガンダムに部品を提供することもあった。
代表的なものとして、カレン・ジョシュワ搭乗の陸戦型ガンダムがアッガイとの戦闘で頭部を破壊されて以降、代わりに陸戦型ジムのそれを取り付けた例が挙げられている。

なお、本機は「ジム陸戦型」とも呼称されるが、RGM-79F陸戦用ジムとは別種の機体である。

バリエーション

ジム・スナイパー

陸戦型ジムのスナイパー仕様。
詳細はジム・スナイパーを参照。

宇宙戦仕様

空間戦闘用にチューンされているEタイプと呼ばれる機種。
詳細は先行量産型ジムを参照。

ブルーディスティニー0号機

陸戦型ジムをベースにしたEXAMシステム稼働試験機。
詳細はブルーディスティニーを参照。


立体物

08小隊シリーズのHG「陸戦型ジム」として単品で販売(武装はマシンガン、ビームサーベル、ロケットランチャー、ミサイルランチャー)、のちに成形色変更&パーツ追加仕様のGMスナイパーが販売された。

長い年月を経て、HGUC-REVIVEシリーズにラインナップ。(武装はマシンガン、ビームサーベル、ロケットランチャー、ネットガンが付属) 

プレミアムバンダイにて、GMスナイパーが販売 ※現在、予約受付中

関連イラスト

陸戦型GM
RGM-79〔G〕




関連タグ

機動戦士ガンダム第08MS小隊
ジム 陸戦型ガンダム ガンダム

pixivに投稿された作品 pixivで「陸戦型ジム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121704

コメント