ピクシブ百科事典

陽成院

ようぜいいん

日本の第57代天皇。
目次[非表示]

第57代天皇。諱は貞明(さだあきら)。

概要

貞観10年12月16日(869年1月2日)生まれ。清和天皇の第一皇子。母は藤原高子。生後3ヶ月で立太子。貞観十八年(867)、父の譲位をうけて九歳で践祚したが、元慶四年(880)、父上皇が崩御すると、摂政藤原基経と母高子が対立し、朝政は混乱、結局元慶八年(884)、十七歳で退位に追い込まれた。
この直前に、清涼殿で乳母子・源益が殺害される事件が起こり、陽成天皇が殴殺したとの風聞があったらしい。
陽成天皇の譲位によって文徳天皇の直系皇統は断絶し、皇統は大叔父にあたる時康親王に移った(光孝天皇)。暴君と言われることが多いが、真偽は定かではない。また武家として有名な清和源氏の祖は貞純親王とされているが、実は陽成院が祖なのではないかという説が明治時代からある。
綏子内親王は、光孝天皇のにあたる。
退位後は歌合を催すなど風雅の暮らしを送ったが、御製は綏子内親王にあてた一首しか伝わっていない。
上皇であった期間は60年以上で、これは歴代天皇で最長である。八十二歳の長寿を保ち、天暦三年(949)九月二十九日崩御。

『超訳百人一首 うた恋い。』における陽成院

CV:森久保祥太郎幼少期金田アキ(アニメ)松風雅也ドラマCD
大部分の設定は概要と共通している。一人称は「」。
世話役(中将/蔵人頭)はかつて高子と駆け落ちしかけた在原業平

性格はかなり自己表現が不器用で荒れているひねくれ者で、天邪鬼ツンデレ/ツンギレ/ツンツン)な人物として描かれている。母親も高慢・強気なツンデレの側面があるが、彼はそれよりもさらに気難しいであろう。

三白眼、ハネた黒髪が特徴。

幼い頃から「幼い自分を帝位に立てて、大人は上手く利用し、好き勝手しようとしていた」ことを察していたようだ。

暴君のことについては本人曰く基経が有ること無いことを人々に吹聴したらしく、噂による人物像が独り歩きしているらしい(上記の乳母子殴殺についても、本人は近くにいただけなのに何と言おうが人々は犯人と信じて疑わなかったらしい)。だが本人もそうだと勘違いされかねないようなことを色々とやっている。例として、意味も無く業平を蹴りまくる、に乗り高笑いしながら庭を駆ける、「草むしり」と言ってを持ち庭を荒らす、怒りながら庭に生えた草花をぶった切る…など。アニメの第2話冒頭では解説役の藤原定家に「かなりの暴れん坊」と言われていた。

ファンからは大抵「貞明」と呼ばれることが多い。

登場回は原作・アニメ共に第2話であるが、実は原作・アニメ共に第1話にも幼帝時代で少しだけ登場している。

綏子とは幼き天皇時代に宮中で初めて出会う。常に笑顔を絶やさない健気な彼女に恋か苛立ちかもわからない気持ちを抱く。その夜、カエルの合唱が騒がしく起きてしまい、廊下に出てきた彼はその合唱をポジティブに捉え静かに聞き入る彼女に我慢できなくなってしまう。そして翌日彼女を懲らしめようと、庭に多数のヘビを放しカエルを捕食する残酷なものを見せつけたところ、彼女に嫌われてしまう。貞明も吹っ切ってはっきりと「嫌い」と吐き出したものの、何だかんだで綏子のことが気になっていた。
…まんま男子小学生である。

そしてそんな彼の様子を見ていた業平に、和歌を半ば無理やりに教えられる。和歌が嫌いな貞明であったが、しばらくするうちに業平は死亡してしまう。彼は高子の膝元にすがり付きそれを彼女と共に泣き悲しんだ(その時の発言によると業平を結構気に入っていたらしい)が、彼の理解者は当時、高子と業平ぐらいしか存在しなかったため、精神が普段以上に荒れて乱行などが目立ち元慶八年、ついに退位に追い込まれてしまう。

その後綏子と政略結婚させられるが、お互いに「好き」という気持ちではなかった。だが自分が悪態をつくような発言をしていじけるのに対し、それでも自分を愛そうとしてくれるマジ天使な綏子にとうとうノックアウトされ、通い婚の為牛車で自宅に帰る途中、複雑な気持ちになりながらも業平から学んだことを思い出し、下記の歌を紙に記し翌日彼女に届け、ついにデレた。末永く爆発しろ

人気が高いようで、アニメ化記念の人気投票では1位に輝いた。アニメ化以前でも、単行本の特装版付属描き下ろしDVD(「絵巻物語」という紙芝居動画)の第1弾が貞明と綏子の幼少期を描いた「筑波嶺の思ひ出」であったりした。またこの幼少期のエピソードはアニメ版に逆輸入され、前半部分に挿入された。

pixivに登録されている「陽成院」のイラストはほとんど『うた恋い。』のものである。『うた恋い』イラストにおいても人気が高く、綏子と共に描かれることがほとんどである。また、「綏子に対する暴言がひどいほど愛している」という二次設定であることがある。

代表作

  筑波嶺(つくばね)の 峰より落つる 男女川(みなのがは)
   恋(こひ)ぞつもりて 淵(ふち)となりぬる

             (陽成院(13番) 『後撰集』恋・777)

関連タグ

平安時代 天皇 和歌 百人一首 貞明 綏子 綏子内親王 清和天皇 藤原高子 光孝天皇 宇多天皇 在原業平
うた恋い。 - ツンデレ ツンギレ ツンツン 貞綏 末永く爆発しろ

外部リンク

陽成天皇 - Wikipedia
陽成天皇とは - ニコニコ大百科
『うた恋い』人気投票結果発表
ヘビ男とカエル女の恋路 ~ツンギレ貞明~(『うた恋い』陽成院の性格考察)

pixivに投稿された作品 pixivで「陽成院」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 837594

コメント