ピクシブ百科事典

雑賀孫市

さいかまごいち

戦国時代の土豪武将。本名、鈴木孫市重秀(諸説あり)。
目次[非表示]

雑賀孫市とは、戦国時代から江戸時代初期に活躍した武将。
一般には『雑賀孫一』や『鈴木孫一』と表記する場合もある。

概要

紀伊国(和歌山県)の地侍集団雑賀衆の棟梁。鉄砲戦術を得意とし、傭兵集団を率いて各地を転戦した。
浄土真宗本願寺勢力(一向一揆)と織田信長とが戦った「石山合戦」では、石山本願寺の求めに応じ、精巧な鉄砲戦術で、大いに織田側を苦しめた。
本能寺の変後は豊臣秀吉について紀州攻めに従い、小牧・長久手の戦いでは徳川家康の側に付いた。
関ヶ原の戦いでは西軍として戦ったと言われ、合戦後は浪人を経て水戸藩に仕えたといわれている。

雑賀孫市なる人物

雑賀孫一という人物は、非常に不明な点が多い人物として知られている。
そもそも雑賀孫市自体が通称であり、本当の名は鈴木孫一(すずき まごいち)とされている。
また、モデルとなったといわれている人物は複数存在している。孫一と孫市は全くの別人であるとする説も存在する。
鈴木重意(佐大夫)を指すとする説や、重意の息子、鈴木重兼(平井孫一という別名あり)や鈴木重秀鈴木重朝を指す説がある。
「雑賀衆」自体、当時の資料が非常に少ないため、はっきりした所は未だに良く分かっていない。

ただ、孫市なる人物が活躍した年月はかなりの開きがあることや鈴木家当主は代々「孫一(孫市)」を襲名したという資料もある為、複数人いる見方が有力となってきた。ただし、鈴木家当主が公的に「雑賀孫市」を名乗ったのは江戸時代の徳川秀忠のころであり、この頃とっくに雑賀衆は壊滅している。
この説は『戦国BASARA』シリーズにおいて女性が雑賀孫市を名乗る下地となった。

登場作品における雑賀孫市

鬼武者』シリーズ

CV咲野俊介

モチベーションダウンの結果…。


『鬼武者2』から登場する味方キャラクターの一人。
幻魔王・信長の雑賀襲撃計画を知り、戦の貯えとする金を求めて今庄の金山町を訪れていた所で主人公・柳生十兵衛と出会う。
性格は合理主義であり冷静。ぶっきらぼうに見えるが情に厚い男気溢れる面もあり、十兵衛から受けた恩を命がけで返そうとするシーンもある。
同じくプレイヤーキャラである安国寺恵瓊とは価値観と性格の違いから事あるごとに対立する。

他の仲間同様、品物交換などで親交を深めることで一時的にPCとして使用することが可能になる。
読書家で書物などが喜ばれやすい他、知識欲が旺盛なため、日本の古典だけでなく西洋の技術・文化にまで興味を示しており、黒ビールまで嗜んでいる。

例によって使用武器は銃火器。接近戦では匕首を使用することも。
遠距離からの戦い方に長けており、他のキャラとはプレイ性能で一線を隔す。また、プレイヤーキャラの中では唯一イベント・ミニゲームのみで使用できる武器(大砲「国崩し」)を持つ。

戦国無双』シリーズ

詳しくはコチラ

戦国大戦

 詳しくはコチラ

以下の二人は女性である

婆裟羅

VISCOの業務用の戦国アクションシューティング婆裟羅に登場する孫市
CV川澄綾子

雑賀孫市


明るく前向きな娘。
父の遺志を継ぎ、女だてらに雑賀一族の若き頭領である。
祖父である先代・雑賀孫市が藤堂高虎に討たれた事を知り、その仇討ちと、暗黒の徳川政権樹立を阻む為に参戦。
※本ゲームでの雑賀孫市は、有名な「雑賀孫市」の孫娘という役どころで登場します。
婆裟羅のHP内のキャラ紹介

『婆裟羅2』では、隠し扱いで、その祖父が登場。(名前は『雑賀孫一』)
婆裟羅2のHP内のキャラ紹介

戦国BASARA』シリーズ

詳しくはコチラ

関連タグ

戦国無双 戦国無双2 戦国無双3 無双OROCHI 無双 孫ガラ
戦国BASARA 戦国大戦 鶴姫 前田慶次 長曾我部元親

pixivに投稿された作品 pixivで「雑賀孫市」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8447195

コメント