ピクシブ百科事典

雨乞い

あまごい

降雨を祈願する呪術・宗教的な行為。
目次[非表示]

もしかして : ポケモンの技 → あまごい

概要

日照りが続き、農作物の生育が危ぶまれるとき、神仏に降雨を祈願する行事。その方法も数十種類が現存する。
(かね)などがひろく用いられているが、それは水が降雨、煙が雨雲、鉦の音が雷鳴を象徴するからで、このことは、雨乞いが『似たものは似たものを生む』という類似の原理にもとづいた類感呪術であることを物語っている。

日本では他にも、百度参り、おしめり詣(千社詣)、百度垢離(ひゃくどこり)、山頂などでの雨乞踊たき火千把焚 / せんばたき)、水神が住むとされる水流湖沼動物(筒井功によれば、西日本で、東日本では。「牛鬼が出る」という伝承のある処はその儀礼場の跡地らしい)の内臓遺骸など()を投げて水神を怒らせたり、雨降石などの岩石に祈る方法(中沢厚「つぶて」p225によれば、龍神の住む池へ石を投げ、ドラゴンをキレさせて雨を呼ぶ、川の中の石を集めるという儀礼があったらしい)などがある。

雨に生活依存するアフリカ牧畜民農民のあいだでは、降雨をつかさどる雨乞い師の社会的地位が高い。ロベドゥ族南アフリカ)の女王は、政治的な首長であると同時に、から任命されて最高の位についた雨乞い師でもある。

萱野茂によれば、アイヌの間では、ホイヌサパと呼ばれる神の像(テンの頭骸骨)へ祈る。その際、アイヌの神様は溺れる者を愛でたまふので、(溺れるだけでいいらしい)生贄の人がちょっと水中でもがく儀礼がある(萱野さんがそういう生贄になったそうだけど『アイヌの民具』ではその後が書いて無い)。

別名・表記ゆれ

祈雨 雨乞踊り / 雨乞い踊

関連タグ

祭祀 儀式 呪術 神事 信仰
日照り 
シャーマン 呪術師 雨乞い師 生贄

因幡の傘踊り … 因幡地方に伝わる伝統芸能。雨乞いの儀式が起源といわれている。
【祈雨の歌】pixivファンタジアⅣにおける、ユーザーによるイベント内イベント。

対義語
祈晴 雨止め 水止舞 雨遣らい 晴れ乞い / 晴乞い 日照り乞い

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「雨乞い」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41260

コメント