ピクシブ百科事典

雨宮 蛍とは、野村美月のライトノベル "文学少女"シリーズ(ファミ通文庫)の2巻に主に登場する"究極のダイエット"に挑戦し続ける病弱少女である。

人物

黒崎保(くろさきたもつ)が提言する"至高のダイエット"(食事を食べては吐いて、食べては吐いて・・・の繰り返し)に反旗を翻す"究極のダイエット" (痩せたいなら、食べなきゃいいじゃない!)を提言したため、黒崎保の屋敷の地下に監禁されてしまい、黒崎保のかつてからの野望であり望みであった『光源氏計画』の道具として洗脳を繰りかえされてしまう。
やっとのことで黒崎保の屋敷を逃げ延び、学校へ辿りついたそんな折、"至高のダイエット"でも"究極のダイエット"でもない、"本を食べて、満腹になった気になろう!ダイエット"を提唱する自称文学少女天野遠子の存在を知り、憤慨。自身の"究極のダイエット"こそが最強であり正義であることを信じて疑わない雨宮蛍は、文学少女へ宣戦布告をするのであった。

・・・というのはウソです。
詳しくは、原作2巻を読もう!

pixivに投稿された作品 pixivで「雨宮蛍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2975

コメント