ピクシブ百科事典

雪村豹牙

ゆきむらひょうが

『イナズマイレブンGO』の登場人物。
目次[非表示]

CV:寺島惇太

概要

プロフィール

白恋中2年生のエースストライカー。ポジションはFWで、背番号10。
劇場版「イナズマイレブンGOvsダンボール戦記W」に新イナズマジャパンのメンバーの一員として出演。
予告映像の立ち位置からポジションがFWからMF、またはDFに変わっていることが現在予想されており、背番号は6。

かつては白恋コーチを務める吹雪のことを先輩と呼び慕っていたが、吹雪がフィフスセクターによってコーチの座を追われたことを自分を裏切ったと誤解しており、彼に対して憎悪を募らせている。
以降は絶対に自分を裏切らないというフィフスの言葉を信じて従っていたが、雷門中との試合で相手を潰すために手段を選ばないフィフスの姿と、互いを信じフォローし合う雷門のサッカーを目の当たりにしたことで考えを改め、吹雪とも和解する。44話では吹雪とともに雷門の決勝戦を観戦していた

ゲームでは吹雪が辞めさせられる直前に、技の教えを乞うてばかりいた状態から自分だけの技を編み出させるため敢えて突き放されていたため、そのまま捨てられたのだと思い込んでいた。
吹雪がいなくなったせいでフィフスセクターの管理が始まってチームが荒れたと発言してはいるものの、新監督の熊崎が来てからはチームがまとまり且つ強くなったため、そのままフィフスに迎合して組織の先兵であるシードとなっていた。

イナズマイレブンGOギャラクシーでは「レジスタンスジャパン」として登場。

特徴

紺色の髪に、青緑の二層構造をした特徴的な瞳。
一時的に目のハイライトが消えていたが、和解後に戻った。
その髪型や髪色から、PVの必殺技画面を見て剣城優一と間違う人が続出した。

直情的な性格で、人間関係に不器用な面もある。
ゲームでは周囲との軋轢から実力はありながらも長らく2軍に甘んじていたことが明かされている。
また、吹雪との和解後も上手く切り出せず、向こう側から受け入れられて号泣してしまっていた。

フィフスセクターのシード(監視者)ではないにも関わらず化身を発現させていると思われていたが、ゲームでは吹雪との特訓の成果もあってすぐにシードになれたと語っている。
元々化身発現の素養を持ち合わせており、その才能が白恋がフィフスに目をつけられる一因となった。

必殺技

  • パンサーブリザード(吹雪から伝授されたエターナルブリザードの自己アレンジ技)
  • ホワイトブレード
  • リカバリー(スキル)
  • スプリントワープ

意外かもしれないが、エターナルブリザードを自力習得しない(アニメもゲームも過去の回想でのみ使用)
おそらくエタブリをパンサーブリザードに進化させ、そのまま必殺技上書きしてると推測される
※但し、雪村のスカウト条件にエターナルブリザードの秘伝書があることから、本人は再習得したいと思っているのかもしれない

化身

豪雪のサイア

関連イラスト

こおった心
無題



関連タグ

イナズマイレブンGO 白恋中
雪村ハーレム

pixivに投稿された作品 pixivで「雪村豹牙」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5605717

コメント