ピクシブ百科事典

零崎曲識

ぜろざきまがしき

零崎曲識とは、西尾維新の小説・人間シリーズに登場するキャラクターである。
目次[非表示]

「零崎を始めるのも、悪くない」

概要

零崎一賊三天王の一人。
通称「ボルトキープ」。確固たる信念のもと無差別殺人を行わない菜食主義者。そのせいか「逃げの曲識」という不名誉な異名もある。
天然で、しかも思い込みが激しい、そして何より音楽家極まりない殺人鬼。常に燕尾服を着ている。

哀川潤とはかつて共闘した相手と同時に、初恋の相手。

ピアノバー「クラッシュ・クラシック」を経営しており、音楽の才能もある。大概の楽器は扱えるし、作曲も出来る。

戦闘スタイルは『音使い』
戦闘時は楽器、歌、会話を駆使し敵味方かかわらずあらゆる音で人体や思考を操り、衝撃波で破壊し、時に楽器を直接打撃武器にもする万能形。

自分の作曲した音楽しか奏でない。(そして何故か作曲した曲には皆公園に関するタイトルがついている)
呪い名にも交流があり、序列2位「罪口商会」の罪口積雪とは友人関係である。

「少女趣味」

ボルトキープと読む。少女以外は殺さないと言う彼の信念から由来する(これは前述した哀川順との共闘が関係している)
二つ名からの愛称はトキ人識曲識のにーちゃんと呼んでいる。双識軋識のように武器の名前からではなかったが、後に同名の黒いマラカスを手に入れる。製作者積雪いわくグランドピアノと同じくらいの性能で、細かい音程の調律や曲を奏でる事も可能。頑丈なのでそのまま殴打してもいい。

関連イラスト

少女趣味
零崎曲識


【戯言図鑑】零崎曲識
無題



関連タグ

西尾維新 人間シリーズ 零崎一賊 零崎双識 零崎軋識 哀川潤 罪口積雪

pixivに投稿された作品 pixivで「零崎曲識」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 254391

コメント