ピクシブ百科事典

静御前

しずかごぜん

平安時代末期~鎌倉時代初期の女性で源義経の愛妾。
目次[非表示]

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて登場する白拍子の女性。
源義経の愛妾。

概要

 平安時代の終り頃に始った・白拍子の創始者とも云われる磯禅師の娘で、飢饉の際に朝廷で「雨乞い神事」を行い、ただひとり雨を降らせる事ができた「神に届く舞」を舞ったとされる。

 義経と兄の源頼朝との対立の最中捕らえられ、頼朝に白拍子の舞を命じられた。
そのとき、義経を慕う歌を唄い頼朝を激怒させるが、妻の北条政子が取り成したと云われている。
以下はその歌。

 しづやしづ しづのをだまき くり返し 昔を今に なすよしもがな
 吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき

関連書籍

吾妻鏡 義経記

関連タグ

 フタリシズカ 舟弁慶 千年桜
歴史 歴史創作 和風

pixivに投稿された作品 pixivで「静御前」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61810

コメント