ピクシブ百科事典

非モテ

ひもて

モテない状態、またはそうした人。
目次[非表示]

概要

モテに非ず」という字面そのままの意味であり、「モテ」という単語と共に存在してきたものと考えられるが、広く用いられるようになったのは2009年頃である。

ネット上には以前より「喪男」「喪女」というモテないことを表す単語が存在しており、2ちゃんねるの当該板を中心にコミュニティを形成していたが、自虐ネタの側面があるそれらとは異なり、モテない事を社会問題と捉えてより政治経済に踏み込んだ議論とするためのキーワードとして広められた。

成立の背景

草食系男子」にまつわる一連の騒動の中で、多くの男性が肉欲を失ってはいないという事実が確認され、公的機関も乗り出したカップリング事業である「婚活」が始まった。
しかし、直接結婚を見据えただけに対象は一定以上の階層に絞られ、多くの若者が原因として挙げる「恋愛するだけの金も時間も無い」という問題は手つかずのままであった。
そこで「非モテ」を「非正規雇用」等と同根の社会的弱者と捉え、「したくてもできない」若者の現実を訴える必要性が唱えられたのである。

殊に恋愛においては強がる傾向のある男性達が、自らを進んで「弱者」と定義した事は新鮮で、「低コストでの付き合い方」から「少子化の是非」まで幅広い内容が話し合われた。

一方、女性は「草食系男子」の段階でとして認定されていた関係上、定義の適用自体を否定される事も多かった。中には「女はを開けば男が寄ってくるだろう」といった差別的発言で追い返す者さえ見られ、男性限定の意味を込めて「弱者男性」という呼称も使われるようになった。

用法の変遷

先述の通り元々差別的傾向はあったものの、議論が白熱するに伴いそれが増長し、「風俗利用に補助金を出すべき」「性犯罪を合法化すべき」といった明確な利己的・反社会的言説さえ横行するようになった。

そうした状況から次第に犯罪者予備軍として議論自体の正当性が疑問視されるようになり、「ネトウヨ」の台頭と共に「弱肉強食」を礼賛する風潮も強まってきたことから、2011年頃になると嘲笑の意味で用いられる傾向が顕著になる。
最終的には再び自虐ネタに走った「非リア充」ブームに吸収される形で終結に向かった。


現在は比較的インテリ寄りの層が、犯罪者予備軍扱いされていた時期の因縁から、攻撃対象をフェミニストに絞る形で少数活動している。
行動パターンが彼女達の発言を受けてからカウンターを仕掛けるスタイルに変わった事で問題発言が激減した反面、革新的な気風もほとんど消え去っており、現在は自ら自身を保守の系譜に位置付ける者が主流となっている。
そのため「非モテ」である事も含めて現状を肯定する事が議論の基本となり、恋愛を「しない」理由付けをする「絶食系男子」との境界が曖昧にもなっている。反面、そうした気質を持っている事も多いネトウヨ層との対立はほとんど無くなり、ネット上では一時期のような悪目立ちはしなくなった。

なお、彼らの立場に立って見るならば、自身が結婚適齢期でいる間に社会構造が変化する兆候が無い事やネットにすら居場所が無くなる事から現状を認めてしまった方が楽であり、そうであるならば恋愛対象である女性よりも社会の中心にいる強者男性に阿った方が利益に与れる可能性が高いという現実、日本人男性には過去生涯未婚率1%台という時代があり、国際的な幸福度調査でも配偶者の有無が結果を大きく左右する国民性である事が立証されているという現実があるため、反動的な方向性にシフトする事が必ずしも誤った戦略とは言えないという事に留意しておく必要がある。

海外では類似の集団が当初の方向性のまま先鋭化を続けた末、思想犯となったりユートピアを求めて国を出て行くといった事案も発生しており、少なくとも急進論が事前に潰えた事は平和のためには大きな進歩であったと言えるだろう。

なお、pixivにおいては政治的主張を行う者がほとんど存在しない事から、ほぼ一貫して「モテない」というのみの意味で用いられている。

関連タグ

恋愛 モテ モテる 婚活 結婚
喪男 オタク 童貞 絶食系男子 草食系男子

外部リンク

非モテタイムズ
togetter‐非モテに関連するまとめ

pixivに投稿された作品 pixivで「非モテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32198

コメント