ピクシブ百科事典

非R18

ひあーるじゅうはち

R-18指定で投稿されているものの、本来R-18の範疇に含むほどでなく、R-15程度に相当しうるイラストに対し、それを投稿者に指摘、あるいは投稿者を含む利用者に問題点を啓蒙する為に付けるタグ。タグを付けた人の主観によるものなので、R-18にするかしないかは大体の目安程度にしかならない。
目次[非表示]

現状と問題点

基本的にはネタや悪ノリでつけられる
また投稿者の判断基準が厳しめの場合もある

理由もなく

明らかに18禁の要素がないか、R-15程度にもかかわらず、雰囲気やノリでR-18指定で投稿するといったケースが多数ある。
基本的には「俺の中の何かが語りかけるんだ、こいつはエロいってな」というネタである

ブラウザで表示された画面全てが一つの作品であると言う認識で投稿された場合に
最も多く見られる(関連:そしてこのプロフ絵である)
またこれは非公開、マイピク限定などの公開範囲限定機能の延長と捉えても良いかもしれない。
みんながみんな誰でも彼でもに見て欲しいわけではないのだ。

過度の自主規制、または判断できない

R-18の基準が明確ではないため、運営側による削除やペナルティをおそれ、また念のために自主規制でR-18に指定し投稿するケースも多い。

また、同人誌の表紙絵がそれほどきわどくないものでも、18禁扱い(中身は18禁)として発売する場合、R-18のタグを付けて投稿するケースもある。ただし、現状ではグレーゾーンのイラストが削除されることはまずない。

児童への配慮

R-18タグは18歳未満の閲覧者に対し、不適切な表現が含まれる作品または刺激の強い作品につけられることが推奨されている(ガイドラインより)。よってR-15レベルのイラストでさえ見る人間によっては問題となる可能性も存在する。その為の自主規制として。

ランクイン目的

R-18カテゴリの場合、全年齢カテゴリのランキングと比較して少ない得票でより上位にランクインすることが可能(自主規制でR-15のタグを付けることもある)。
ただし絶対的な閲覧数自体も全年齢と比較して明らかに少ないため、実際に有用な「戦略」かは眉唾と言える。

実際にランクインした全年齢的な作品の多くは「R18」というジャンルに対しての大喜利回答的なものや、キャプション、題材、関連作などに18禁的要素のあるものが多く
それらがフェアであるかは一部疑問が残るものの、その判断を含めて評価を受けるものであり、その結果は正当なものと言える。

つまり只々卑怯な手段としてR18タグを付けてもうまくいかないのだ ザマァ

対策

運営側が明確な基準を定め、周知させることが求められる。
それによって、グレーゾーンが生まれる余地を排除する。
ランクイン目的でのR-18指定についてはそれが恥ずべき行為だとする風潮を作る。

なお、検索上R-18タグと区別するためハイフンを除いて「非R18」と表記する。

R-18というほどでもないイラストの例

  • 下着の露出・男性の上半身
  • ケフィア・露出度の高い水着
  • 乳首露出のない乳房・臀部の一部露出・背中や太ももの露出
  • 愛撫を伴わない抱擁・キス


これらはあくまでも大雑把な例であり、総じてこうであるというものではない(乳首を露出している絵はR-18、露出していない絵は一般ということではない)。
R-18R-18Gというカテゴリの基準が各々の感性に基づくものである以上、はっきりと線引きできるものではない。

関連タグ

R-18 R-18G R-17.9 R-17 R-15
着エロ

pixivに投稿された作品 pixivで「非R18」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1701198

コメント