ピクシブ百科事典

須藤さん

すどうさん

レスリングシリーズの登場人物である。
目次[非表示]

概要

レスリングシリーズの登場人物である。本名はブライアン・マクソン(Brian Maxon)、活動期間は1984年〜1999年とニコ動でお馴染み兄貴ことビリー・ヘリントンよりも前に活動している。
身長185cmのビリー兄貴を軽く上回る長身に程良く鍛えられた肉体、二枚目な容姿が特徴的。別称「妖精狩り」。

初登場は『本格的 ガチムチパンツレスリング 4試合目』で、名前の由来はその動画の1:14「ちゃんとやれ、須藤さん?」から来ている物と思われる。下の名前は不明だが、「須藤さん」の名称で定着している。

なお、マクソン自身のプロフィールが公開されていないため詳細は不明。

動画本編での活躍

4試合目で初登場するや否や、ビリー兄貴と互角の勝負を展開。一時は劣勢に立たされるが、兄貴が気づかないうちにバイキルトを使って元々歪み不明のステータスが2倍になるという驚異的な能力になってしまう。その後逆転し、兄貴を戦闘不能状態まで追い詰めるが、兄貴が今まで戦ってきたレスラー達の救いによって兄貴はタイムリープを果たす。そしてハッテン技・ファイヤー♂フェアリー♂リフトを食らいつつも、天使化した兄貴を飛翔失敗に追いやることに成功するが、最後には兄貴にパンツを取られてしまう。

しかし、2chのガチムチパンツレスリング180試合目にて兄貴に勝利していたことが発覚。
試合後に「welcome to maxonland(MAXONランドへようこそ)」と言っているそうだが、肝心の動画が見つかっていないため、どうやって勝利したかは謎のままである。また、勝利したとしても数本勝負の内の一つに過ぎないという声もある。

ビオクローや風神♂雷神などの歴代の妖精達の技を使っていることからラーニングの実力があるのではないかとされる。小兄貴との対決ではチャーハン返しとビオグラビティを使用。また、小兄貴が須藤さんの腹を蹴ったときにカウンターで倒れ込んだことから「倒れた時にも当たり判定がある厨キャラ」とされている。

因みにいかりやビオランテとも別の作品で試合をしており、動画もアップロードされているが、現時点では須藤さんがビオランテを袋叩きにしているシーンのみが公開されている。ちなみに兄貴との試合では、兄貴は「野原しんのすけ(或いはプーさん)」、須藤さんは「野比のび太」を思わせる服装であった。兄貴やビオランテといった強豪と激闘を繰り広げていることから、ガチムチパンツレスリングの強豪の一人であるが、意外にも小兄貴などの敗れている事が多く、それも油断した事による敗戦が多いので、勝率は木吉カズヤといかりやビオランテより低い。

また、「須藤さん 陸上競技編」では若かりし頃の爽やかな須藤さんがみられる。歪みねぇな

彼の名言・発言

本人曰く「毎日が辛い」らしく、彼の歪みの根源はおそらくここから来ている物だと考えられる。 しかしその辛い日々の中でも彼の根底にあるのは「あきらめずに生きろ」という歪みねぇ精神である。ナイスでーす

また、「ねるねる」「味噌(ツマミ味噌、武器用味噌、ツケヤ味噌等)」と言う発言があり、好物と思われる。 また、「ゆきぽ萌え」と発言している事から萩原雪歩派だと思われる。また、作中で「ほむらぁ~!」と雄たけびをあげているあたり、暁美ほむらファンなのかも。

関連項目

兄貴ビリー・ヘリントン レスリングシリーズガチムチパンツレスリング 陸上競技

pixivに投稿された作品 pixivで「須藤さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6827

コメント