ピクシブ百科事典

頭翅

とーま

『創聖のアクエリオン』の登場人物
目次[非表示]

cv:森川智之

概要

聖天翅・頭翅(トーマ)

堕天翅族の前線指揮官。頭に翅を持ち、若く美しき青年男性風の外見をしている。
一万二千年前はアポロニアスの許婚だった。
アポロニアスが人類側へついたのは人間(セリアン)が籠絡したせいだと思い込み、人間を激しく憎しみ見下している。
頭脳戦や心理戦を得意としてアポロ達を苦しめた。
漫画版では妹のニース・パンドーラが登場している(だが頭翅は「存在する筈が無い!!」と驚愕している。これはどういう意味で言ったのかは明確にはあらわされておらず、ニースがそもそも存在していなかったのか、あるいは存在はしていたが本編開始以前の時間軸上で既に死亡していたかのどちらかという説が通説となっている)。

ちなみに、前期オープニングテーマ 「創聖のアクエリオン」の歌詞は一万二千年前に頭翅がアポロニアスに送ったラブレターをもとにしたものである

劇場版


劇場版のOVA作品『創星のアクエリオン』では、男性キャラでありながら主人公のアポロと羽根の契りを交わし、妊娠するという離れ業をやってのけた。
その時の台詞は、下腹部を押さえながら恍惚とした口調で『宿った…』

しかし、元々彼は堕天翅族の中で子を成す為の聖天使という中性的な立場なので正確に言えば男性が妊娠した訳ではない。

結局アポロが真に羽根の契りを交わしたのはシルビアの方だったので、頭翅が孕んだ子は流れてしまった。
己の子を失った事と、アポロとシルビアが真に結ばれた事に絶望した彼は激昂し、二人の仲を裂こうとシルビアを殺そうとして命尽きた。

また、アトランディアの状況がテレビ版以上に切迫していたことからテレビ版以上に積極的に行動し、あの手この手でディーバの面々を追い詰めていった。

1万2千年後

アポロがアポロニアスではなく翅犬ポロンの転生体という真実に驚愕し、そして謀られたと激怒した彼の闇の部分だけがアルテア界の神官トワノ・ミカゲに転生した。光の部分は不明。
性格は傍からすれば何を考えているのかわからないようになり、劇場版のようにあの手この手でネオディーバに揺さぶりをかけている。
アポロの転生体アマタ・ソラを二人に引き裂き、その一方の記憶を封印してカグラ・デムリとして己の手ごまとしたり、そのほかにも色々とやらかした。
EVOLでの死亡者の死亡原因は大体こいつ。



関連タグ

創聖のアクエリオン 創星のアクエリオン

pixivに投稿された作品 pixivで「頭翅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135827

コメント