ピクシブ百科事典

顔面破壊大帝

ふぇいすくらっしゃー

顔面破壊大帝とは、実写版オプティマスプライムの事である。
目次[非表示]

これが、その問題の概要だ!(CV:政宗一成)

本来正義リーダーの手先や大目玉を倒す場合、(差はあるものの)比較的綺麗な方法で倒したり退治する場合が多い・・・特に日本のヒーロー番組やロボットアニメでは。

しかし、主に海外で展開する『トランスフォーマー』シリーズにおいては基本的にこの法則は当て嵌らない。
何故ならば、「不意打ち・急所攻撃・身体の各部を引き千切るといった残虐行為は当たり前」、「命乞いなど聞く耳持たず。悪党共に情けは無用」という日本のヒーローの常識では考えられない行為を平然と行っているからだ。
(特に読者の年齢層が高いアメコミではそれが顕著で、日本国内では初代TFや勇者シリーズ(Z)とカーロボット等にも見られる)
まあ、一応彼らはロボットなので四肢欠損ぐらいならそこまで深刻なダメージという訳ではないのだが…

そして、2007年に晴れて公開された実写映画版…

流石に今までのような鬼畜っぷりはないだろうと思いきや、ストーリー中盤で襲いかかってきたボーンクラッシャー羽交い締めにした挙句そのまま首を切り落とすというハリウッドの過激なアクション映画さながらに、日本の正義のヒーローでは考えられない恐るべき行動を見せつけてしまったのだった。

そのインパクトが凄まじかったために、この「頭部破壊」と歴代総司令官の(ファンにとって)もう1つの称号である破壊大帝を合わせたこの言葉が誕生した。

そして、オプティマスはこれ以降、2年ごとに更に斜め上を行く顔面破壊を見せつけているのものだから、ファンの間ではますます「実写版オプティマス=顔面破壊大帝」というイメージを強めている。

挙げ句の果てに、ネット上では「妖怪・剥ぎ」などの愛称が付けられた。

しっかりと魂はバンブルビーに受け継がれたようで、こちらも脊髄ぶっこ抜き・頭部ぶっ飛ばし・四肢もぎなどを全作品で行ってきた。そのため、次期破壊大帝はバンブルビーになるのでは?と思われる事もある。

以下、その暴挙・・・もとい活躍。

面喰らったのも無理はない!

「トランスフォーマー」(2007年公開)

前述で解説した通り、高速道路を走行中に突如襲いかかってきたボーンクラッシャーに対して絡み合いになり、顔面へのパンチを喰らわせた後にそのまま高速道路の下に落下。
その後はオプティマスが一方的にボーンクラッシャーをフルボッコにし、彼の抵抗をものとせずに右腕から展開させたエナジーブレードでボーンクラッシャーの頭を切断。上顎から上下真っ二つというエグい倒し方をした。もっとも、ボーンクラッシャーは見境無しに暴れる所謂バーサーカーキャラで、実際に高速道路でも大暴れだったのでオプティマスが彼に手加減する理由など何も無いのだが。

この一件で実写版のオプティマスの方向性が決定されたと、この時誰が思ったのだろうか…

「トランスフォーマー:リベンジ」(2009年公開)

なんとこの2作目では顔面破壊を4度も披露している。
まずは冒頭の上海での戦闘シーンでNESTの部隊やオートボットの仲間と共にデモリッシャーを攻撃。頭部によじ登って顔面接射を繰り返して(さらにアイアンハイドが車輪を破壊)瀕死に追いやり「最期に言い残す事は?」と問いかけ、捨てゼリフを吐いた彼の頭に風穴を開けて止めを刺す。

続いて中盤、森林地帯で1対3という絶望的な状況下に追い込まれた中でオプティマスが孤軍奮闘するシーン。
相手はメガトロンスタースクリーム、そしてグラインダーというディセプティコンの手練であり、流石のオプティマスもなす術もなくやられてしまう……
と思いきや、ボッコボコにされてプッツンしてしまったのか、1対3という状況を物とせずにメガトロンにかなりのダメージを与え、その勢いで襲いかかってきたスタースクリームの腕を斬り落とす。
そしてそのまま近くにいたグラインダーの上に飛び乗り、フック状に変化させたエナジーブレードをそのままグラインダーの目と口に突っ込んでから顔を引き裂くという上級者向けホラー映画に出てきそうなシーンを再現してしまったのだ。(しかもこの戦闘の序盤、スタースクリームをわざわざ持ち上げた上で顔面キックを食らわせている。プッツンしていなくとも顔面破壊は健在)
そしてこの直後、オプティマスはメガトロンによって一度殺されてしまうのだが……
なんやかんやあって物語終盤。
主人公のサム・ウィトウィッキーの活躍で復活したオプティマスだが、2作目のボスであるザ・フォールンに復活のカギとなったマトリクスを奪われる。
ちなみに実写版におけるマトリクスは、ザ・フォールンを含む太古のトランスフォーマー達が
作ったエネルギー生成装置を作動させるカギの役割も兼ねている。
このエネルギー生成装置は「恒星1つを潰してトランスフォーマーが活きる糧となるエネルゴンを生成する(本来は生物が存在しない星に使う)」というとんでもない代物。
もちろん作動してしまえば地球がとんでもない事(具体的には光と熱が一切供給されない極寒の惑星)になってしまう。
そしてこのザ・フォールンもテックスペックが無茶苦茶高く、周辺のものを自在に操る事ができる強力なサイキック能力を有しており、人類はおろか、オートボットですらも対抗できない。
ザ・フォールンを止められるのは「プライム」の子孫であるオプティマスプライムのみ。
しかし肝心のオプティマスは復活したばかりな上に、死の直前に発生した森林戦で蓄積されたダメージもあって動けないでいた。
そこに虫の息のジェットファイヤーが登場し、オプティマスへの希望を自身のパーツに託して自らスパークを剥ぎ取って自害。
ラチェットジョルト達はすぐさまジェットファイアの亡骸をオプティマスに移植し修理する。
修理されたと同時にパワーアップしたオプティマスはザ・フォールンを止めるべくエネルギー生成装置の元へ急行して装置を破壊。その勢いでザ・フォールンとメガトロンを蹴散らしていく。
途中からメガトロンも加勢して2対1となっても、既に戦いの主導権を握ったオプティマスはザ・フォールンの能力など赤子同然とも思えるくらいに一方的にフルボッコ。
そして「その顔を剥いでやる!(原語:Give me your face.)」という名言もとい迷言を吐いた次の瞬間、文字通りザ・フォールンのマスクを剥ぎ、そのままスパーク(魂、もしくは心臓)を掴みだして握りつぶし「墜落せし者」の名の通り彼を地獄に叩き落とした。
その直前にもザ・フォールンを遺跡を崩して下敷きにしたうえでメガトロンの右腕を捻り上げ、そのまま彼自身のフュージョンカノン(右腕そのもの)で顔を半壊させている(しかも接射、このキズは続くDOTMでも治っていなかった)。

この一件でオプティマスのキャラが定着してしまったのは言うまでもない。
どうも普段は温厚なのだが戦闘時はお口が悪くなるようで、(「メタルの屑め!」「ガラクタの、スクラップめ、この!」etc...)これもアニメからのリスペクト(「スクラップが似合うぞ!」etc...)と思われる。
因みに海外ではザ・フォールンの変形玩具を仕様変更し、マスクの着脱(顔剥ぎ)を再現した製品がハズブロから発売されている。実はオプティマスの暴走はそれだけには収まらず、他にも何を間違えたかLINEのトランスフォーマーのスタンプではキレたオプティマスが「その顔を剥いでやる!」と言っているもの迄収録されていた。

「トランスフォーマー:ダークサイド・ムーン」(2011年)

レノックス達人類にフルボッコにされ、半分飛び出していたショックウェーブ眼球を引きちぎりまさかのピーター・カレンつながりでメガトロンの頭をトロフィー斧でカチ割ってそのまま背骨ごと引っこ抜く)にし、その際に奪い取ったショットガンセンチネルプライム頭を吹き飛ばした
・・・と、3作続いて相も変わらずな顔面破壊大帝ぶりだが、その影響はあろう事かサムにまで及んでしまっていた。

「トランスフォーマー:ロストエイジ」(2014年)

人類の裏切り者であり秘密裏にオートボット狩りを行っていたCIAの秘密部隊「墓場の風」と結託した賞金稼ぎのロックダウンに狙われたオプティマスは終盤、囮となってロックダウンに一騎打ちを挑む。
当初は両者互角で一進一退の戦いを繰り広げていたが、オプティマスを援護しようとした人間の仲間ケイドがCIAの裏切り者によってピンチになってしまう。
ケイドを助けて仲間の仇でもある裏切り者を殺害したオプティマスだが、その隙を見逃さなかったロックダウンによって串刺しにされ壁に串刺しになってしまう。
バンブルビーやケイドたちの活躍で危機を脱したオプティマスはケイドを殺そうとしたロックダウンを背後から剣でスパークを貫いて脳天まで斬り上げて真っ二つにした

余談だがグリムロックとの対決シーンでもオプティマスはロボットモードの状態のグリムロック相手に顔面を殴り、終いにはビーストモードに変形したグリムロックをまたも、顔面を殴り、ノックアウトしている。 また、〆としてグリムロックの目の下をソードの刃でゆっくりと撫で付け、「それか死ね。(Or you die.)」と伝説の闘士を奴隷にする事に成功した…。

その他の顔面破壊大帝

ビーストメガトロン

中の人のフリーダム過ぎるアドリブでおなじみ千葉トロン
実は実写映画よりもはるかに前、実際に顔面破壊を決行した「破壊大帝」。
彼はトランスフォーマーの歴史を改変するため四百万年前の地球にタイムスリップし、そこで休眠状態の初代コンボイの殺害を目論む。その際、彼は攻撃をコンボイの頭部に当てており、結果コンボイの顔はとんでもないことになってしまった(ラットル曰く「顔面整形手術大失敗」)。この不名誉な称号は元々はビーストメガトロン様へ向けられるべきものだったのだと云えるのだ。

破壊大使オーバーロード

元々は『超神マスターフォース』のキャラクターだが、近年IDW社から刊行されているアメコミLast Stand of the Wreckers』『More Than Meets The Eye』では、実写版オプティマスに勝るとも劣らない顔面破壊大帝ぶりを発揮している。
自らが陥落させたサイバトロンの刑務所ガーラス9の署長フォートレスマキシマスの顔面をえぐり手足を捥いでドアに縛り付けたほか、レッカーズとの最終決戦にてスプラングにガトリングガンで撃たれながらも、彼の顔面を手の指で剥ぎ取り、戦闘不能に陥れた(スプラングはこの怪我によりその後5年以上も植物状態となってしまった)。
その顔面破壊大帝ぶりは若い時からで、300万年前に強化戦士フェイズシクサーズになった直後、自分の改造に携わった科学者ロッサムの顔面を握りつぶしていた。
また、彼の部下の一人ストーカーも、捕虜にしたツインツイストの顔面をズタボロにするほど拷問を行っていた。

ヴォス

IDWのアメコミ『More Than Meets The Eye』に登場するディセプティコンの憲兵隊「DJD」の一人で、他のDJDと同様に拷問・処刑を楽しんで行うサディスト。
彼の顔は取り外し可能なマスクとなっているが、そのマスクの裏はアイアンメイデンのように無数の棘やドリルが備わった剣山となっており、それを取り外しては罪人の顔面に押し付けて破壊するという残忍な代物。おまけに彼は古代セイバートロン語しか話せず、現代語は最近になってようやく片言で喋れるようになったため、『Wear my faaace.(オレノ、カオヲ、ツケロォー)』と叫びながら罪人の顔面を破壊する様はトラウマもの。

グリムロック

G1アニメシリーズのグリムロックは愛嬌のあるキャラクターだが、ゲーム『Fall of Cybertron』に登場するグリムロックは、まさに顔面破壊大帝の称号にふさわしいキャラクターとなっている。
愛用のエネルゴンソードで敵の首を切り落としていくだけでなく、オートボットの首都アイアコンにある彼の自室には、今まで討ち取ったディセプティコンの生首がコレクションされている。
どこの妖怪首おいてけだお前は

関連項目

トランスフォーマー オートボット オプティマスプライム 赤いサイバトロン

類似人物

ケンシロウ(北斗の拳) フランク・キャッスル(パニッシャー) ネプチューンマン(キン肉マンⅡ世)

pixivに投稿された作品 pixivで「顔面破壊大帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 58884

コメント