ピクシブ百科事典

顧客が本当に必要だったもの

こきゃくがほんとうにひつようだったもの

顧客が本当に必要だったものとは、例図のデザインテンプレートを利用した絵に付けられるタグである。
目次[非表示]

概要

顧客が本当に必要だったものとは「何かの失敗作があった。我々が見たかった理想型はこれだ!」という意味の言い回し…ではない

本来は「仕様について伝言ゲームをするうちにどんどんおかしくなっていった……と思ったら、最初の人の説明の時点で変だったね」という状況を風刺したとある10コマ漫画の題名である。
(厳密に言うと「プロジェクトの姿ー顧客が本当に必要だったもの」という題名である)

「プロジェクトの姿ー顧客が本当に必要だったもの」は
1)顧客が説明した要件
2)プロジェクトリーダーの理解
3)アナリストの設計
4)プログラマのコード
5)営業の表現、約束
6)プロジェクトの書類
7)実際の運用
8)顧客への請求金額
9)得られたサポート
10)顧客が本当に必要だったもの
という順番で構成されており、最後の10コマ目で「開発者が無能だったからおかしくなったのではなく、(1)の時点での顧客の説明の時点でおかしくなっていた」というオチがつく。

1)顧客が説明した要件

元ネタでは板の部分が3枚もある明らかに機能過剰なブランコが描かれている。
どう見ても本来のブランコの役割を果たすには無駄があり、素人が聞きかじった情報をもとに理想像をあれもこれもと要求していることが窺える。

2)プロジェクトリーダーの理解

元ネタでは幹を挟んで二本の枝にそれぞれロープを結び付けたブランコが描かれている。
客の説明からとりあえずブランコが欲しいことはわかったが、そのままでは不可能なことも容易に想像できる。
とりあえず現実的な路線として枝二本に体重を分散させることで解決を図ったが、それがさらに重大な問題を起こしていることに気付いていない。

3)アナリストの設計

元ネタではプロジェクトリーダーの理解の設計そのままに幹を上下にぶった切ってそこにブランコを通すという異様な姿が描かれている。
プロジェクトリーダーの説明そのままでは到底ブランコが動かないため、「ブランコを動かす」という至上命題を満たすためだけにとりあえずの解決策を取った形である。
明らかに不自然だが、少なくとも「枝二本に結んだブランコを作れ」というプロジェクトリーダーの要求は満たしているため、アナリスト的には十分OKなのだろう。

4)プログラマのコード

元ネタでは幹に直接ブランコが結び付けられている。しかもロープが長すぎるため、ブランコが地面に付いており役割を果たしていない。
アナリストの説明が悪かったのか、それともよほどのデスマーチ環境だったのか、「幹にブランコを結びつけられている」だけであり、どう見てもまともに動くプログラミングが為されていない。
しかし、とりあえず「板をロープで木に結び付ける」という条件は満たされているので「開発は順調です」と説明はできる状態である。

5)営業の表現、約束

元ネタでは豪華絢爛なソファが木からぶら下げられた姿が描かれている。
ブランコとしてはあまりに重すぎて役割を果たせそうにないが、本質から離れた過剰な機能を売り込むのも営業の手腕の内ということだろうか。
この状況を見ると、そもそもプログラミング側と営業側に致命的な意思の齟齬が発生している可能性もあり、その場合「とりあえず盛り込めるだけ全部盛り込んで」説明する他ないのかもしれない。

6)プロジェクトの書類

元ネタではブランコどころかそれを結び付けていた木すらない。痕跡がわずかに残るだけである。
プロジェクトに関する書類は何一つ残っておらず、あるのは膨大な議事録と意味不明なメモだけ……そんな状況も往々にして起こり得る。
そもそもまともな書類があれば、営業だって無茶苦茶な空手形を切る必要もないわけである。

7)実際の運用

元ネタではロープが一本だけ木からぶら下がっている。
「木からぶら下がって揺れて遊べる」というまさに顧客の求めた最低条件だけ満たした状態。
腕が疲れるじゃないかとか、そもそもこれはブランコと呼べるのかとか、いろいろツッコミどころはあるかもしれないが、一応みんな頑張った結果ではある。
そもそも顧客の求めていたものが定まっていればこうはならなかったわけで。

8)顧客への請求金額

元ネタではジェットコースターが描かれている。
ブランコ如きにジェットコースターのようなとんでもない金額を請求したということか、あるいは乱高下を繰り返すジェットコースターを「最初は追加仕様の多さに当初の見積もりを大幅に越えた金額になっていたのに、あまりに情けない運用実態を批判されて急に価格を下げる」ということになぞらえているのかもしれない。
いずれにせよ、明らかに実際の運用に見合う金額を請求しているわけではないだろう。

9)得られたサポート

元ネタではブランコが結ばれていた木が切り倒され、切り株だけが残っている。
「流石にロープ一本では腕が疲れる」という顧客の要望に場当たり的に対応した結果、ブランコとしての最低限の機能すら失われてしまった。
座って休むことはできるが、もはやこれはブランコとは呼べないだろう。

10)顧客が本当に必要だったもの

元ネタでは木からロープで古タイヤがぶら下げられている。
本物のブランコには見劣りするとはいえ、最低限のコストでブランコとしての必要十分の機能を満たせる理想像。
本来なら最初の顧客の説明からプロジェクトリーダーの理解に至るまでの段階でここにたどり着くべきだった。

■10コマ目の像は、誰が思い描いたものか
10コマ目はあくまで顧客「が」本当に必要だったもの(=主観)であり顧客「に」本当に必要だったもの(客観)ではない点に注意。
後者では(10)が→(1)が顧客→プロジェクトリーダーへの伝言ゲームのミスであるという点が失われてしまうが、本来のこの言葉の意味はあくまで「顧客が脳内ビジョンを上手く伝えられなかったこと」を皮肉っているのである。

■「顧客」とは
「企画が顧客→プロジェクトリーダーへの説明からスタートしている」という点も大事である。
つまり、本来このテンプレートにおいて顧客とは「こういうものが欲しいと発注した人」であり、例えばTVアニメの出来についてテンプレートを用いる場合、顧客とは視聴者ではなくアニメの制作を依頼した者である。
(10)の「理想像」は視聴者にとっての理想像ではなく、制作を依頼した者の思い描いた理想像なのである。
出来上がったものが視聴者の理想像とは異なっていたとしても、それが制作を依頼した者の理想通りであるならば「顧客が本当に必要だったもの」という構図には当てはまらない。

……結果、TVアニメの人気が出ずに制作依頼者が利益を得られなかったならば顧客「が」本当に必要だったもの(主観的な、売れるアニメ)と、顧客「に」本当に必要だったもの(実際に売れるアニメ)が違った、ということになる。

■「どうしてこうならなかった」の使い分け
つまり、よくこのタグの付いたイラストで主張される「自分の見たかったor欲しかったものはこれだ」という解釈ははっきり言ってしまえば誤用であることには留意しておくべきである。

失敗作に対する理想の作品を意味する言葉・タグについてはどうしてこうならなかったというものがあるので、貴方が「顧客(制作依頼した人)」でないならば、そちらを使おう。

中には意図的に原作をdisる為に付けられている場合もある。
元は最初の部分(1「顧客が説明した要件」)を皮肉る風刺だったにもかかわらず、最終的に出来上がった物(の出来)に対して、(一番最後に手に渡る事になる)最末端にいる消費者(これは開発中の風刺なので、消費者が手に取るのは10「顧客が本当に必要だったもの」よりさらに先の段階である)が原作者や開発者を皮肉る用語となってしまっているのが現状である。
前述した通り、この場合の顧客とはクライアントであり、カスタマー・ユーザー・ビューワーではない。

関連タグ

実装石 どうしてこうなった 
イメレスでプロジェクト遂行イメージレスポンス用素材

※誤用的な意味での関連タグ
黒歴史 どうしてこうならなかった もうこれが公式でいいよ
二次創作 9・18事件 誤用

外部リンク

Project Cartoon: Japanese

pixivに投稿された作品 pixivで「顧客が本当に必要だったもの」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 679116

コメント