ピクシブ百科事典

風光る

かぜひかる

春の季語。あるいは漫画などのタイトル。
目次[非表示]

『風光る』とは

  1. 季語暖かく日差しが強くなる季節の、も輝くように思える様子。本頁で説明。
  2. 渡辺多恵子による新撰組を題材とした少女漫画のタイトル。本頁で説明。
  3. 七三太郎による甲子園を題材とした野球漫画のタイトル。本頁で説明。


季語としての『風光る』

江戸時代後期以後に生まれた季語
歳時記によれば
うららかの日にやわらかなが吹きわたるその明るさをいう。
春になると、陽の光も強くなり、吹く風もきらめいて風にゆらぐ風景まばゆく明るい。それを風が光ると感じたのである。
いきいきと輝く自然の陽光と風の様相は、どこか希望青春の息吹、新しさを感じさせる響きがあり、生々の気に満ちていて、現代人の心をとらえるものだろう。」
とある。

主観により、鋭く輝く感じを指したり、柔らかに光る感じを指したりする。
他に、に吹くを表す季語としては「春風」「東風(こち)」などが代表的である。

渡辺多恵子による『風光る』



渡辺多恵子による、新選組を題材とした少女漫画。『月刊flowers』にて連載中。ドラマCD化もされた。
作中での「しんせんぐみ」は「新選組」表記。

ストーリー

主人公富永セイは長州浪人にを殺された。セイは仇討ちのため、神谷清三郎と名乗り、性別を偽って新選組(当時は壬生浪士組)に入隊し、沖田総司斎藤一達とともに、新選組隊士として幕末時代を生きようとする。

七三太郎による『風光る』

原作七三太朗、漫画川三番地による野球漫画1990年から2006年にかけて月刊少年マガジンで連載された。第16回講談社漫画賞受賞。コミックスは全44巻。
舞台が甲子園に移ってから(単行本28巻から)は『風光る~甲子園~』とタイトルが変更されている。

ストーリー

主人公・野中ゆたかは、万年1回戦敗退の弱小校・多摩川高校野球部に在籍する補欠選手。そんなゆたかの特技は野球選手のモノマネ。
あるとき多摩川高校に、OBで甲子園出場経験のある君島監督として赴任して来た。君島は、ゆたかのセンスに目をつけ、4番で投手という重要なポジションを任せる。当初は戸惑っていたゆたかだが…?

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「風光る」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 806781

コメント