ピクシブ百科事典

風間仁

かざまじん

ナムコ(現バンダイナムコゲームス)より発売された鉄拳シリーズのキャラクター。
目次[非表示]

プロフィール

<<<
キャッチコピー『運命の稲妻』
国籍日本
格闘スタイル三島流喧嘩空手改、風間流護身術(母親に教わったもの+我流)<3のみ>、空手<4~>
身長180cm
体重75kg
血液型AB型
仕事格闘家<~5>、三島財閥の総帥<6>
趣味森林浴
好きなものの教え
嫌いなもの人を騙す行為
年齢年齢は、『3』=19歳。『4』=以降は21歳。
声優千葉一伸
代表的な技風神拳、胴抜き、鬼八門、羅刹門・壱、三戦立ち~残心、肩固め喉輪落とし、受け流し


概要

鉄拳3』以降の鉄拳シリーズの実質的な主人公。初登場は『鉄拳3』。
シリーズ途中から格闘スタイルが完全に変化した珍しいキャラクター。

キャラ設定

三島家と風間家の血、そして三島に流れるデビル因子を受け継いで生まれた少年。
故郷屋久島で母と共に過ごしていた15年間の平穏な日々とかけがえのない母を
闘神によって奪われ、己の力不足を痛感した仁は、母の遺言に従って三島平八の元を訪ねる。
そして三島流喧嘩空手の教えを乞い、母の敵である闘神を打倒すべく第3回大会に出場。
見事、オーガを打ち倒すものの、闘神の力を得ようと目論んだ平八の裏切りを受け、
強い憎しみと頭部への致命傷が引き金となって自身の中に眠るデビル因子が覚醒。
以来、自分の中に流れる三島の血もデビルの血も深く憎悪するようになり、
世界の平和を脅かす三島の血を根絶することを己の使命として苦悩しながらも戦いに身を投じていく。

母・風間準を慕っており、三島一八と祖父である三島平八の事は嫌い。

三島の人間では彼と三島一八のみがデビル因子を持っており、肉体に著しい損傷を受けた時や“恨み”“憎しみ”“呪い”といった負の感情に呑まれた時などに、頭部に角、額に赤い雫形の宝石の様な第三の目を持ち、背中に羽の生えたデビル仁になる。
デビル因子の力を抑えることができるという風間家の血を引いているため、
かろうじて意識を保っているものの父のようにデビル化を自在にコントロールすることができず、
「現在進行形で呑まれかけ、浸食が進んでいる(原田Ptwitter)」という。

本質的には心優しい好青年であるものの、肉親から受けた裏切りや自身のデビル化などの
過酷な宿命を背負っているが故、シリーズを追うに従ってその表情は深い影を帯びていくようになった。

ラースラース・アレクサンダーソン)は叔父にあたり、李超狼も(血はつながってないが)叔父にあたる。

デザイン

後方上部に髪の毛全体が尖っており、長い前髪が何房か垂れている。鉄拳3での初登場時は癖のある男前だったが、シリーズを重ねるにつれ超絶美形に変貌していった。
シリーズが進むごとに前髪が伸び、増量中。近年作品の一部ムービーでは瞳がほぼ金色になっていることもあるなど、ディティールにも変化が見られる。

スト鉄のあれ


コスチュームの変更も当初から頻繁でありフード、学制服、スーツ、ライダースなどで描かれるがその大抵がデフォルト衣装である。

性能

『3』、『鉄拳TT』の時点では、父親である一八の技をベースに母親である風間準の技+α
という技構成であった。
三島家の伝家の宝刀である風神拳を中心に使い勝手のいい技がそろっているため、全キャラクター中のでも上位ランクであった。

『4』以降は格闘スタイルが正統派空手に変化して一部技を残して、全くの別キャラクターとなった。
当初は主力技である風神拳の削除など弱体化と思われたが、『羅刹門・改』という技が追加された。
性能は、パンチを三連続繰り出す連携技で、最後の一発がガード不能かつ浮かせ技という仕様。
通常の場合は、大体遅い3発目を潰されてしまうが、この技を特殊入力することで通常よりも発生が速くなり、上記の性能はそのままというバランスブレイカー技となる。

また『受け流し』という技も追加された。これは少し性能が変わった技で、相手の技を受け流すことで、その技が空振りした時と同じ状態にするというもので、相手の技によっては大ダメージを狙うチャンスが生まれる。おまけに技の硬直が無いという仕様。
『4』においては最上位のランクとなってしまった。

さすがにバランスブレイカー過ぎたので、以降のシリーズでは『羅刹門・改』は削除され、受け流しも失敗した時の硬直が大幅に増えた。その後は色々な調整もあり、現在は中堅ランク以上というところで収まっている。

関連イラスト

風間仁
鉄拳(ハリウッド版映画)の風間仁
鉄拳
がんばれ頭首


関連タグ

 デビル化 デビル仁
空手 鉄拳 
ストリートファイター×鉄拳:他社コラボ作品。
Namco×CAPCOM:同上。
プロジェクトクロスゾーン:同上。<ペアユニット参戦。一作目では暁雨、二作目では一八とコンビを組む>
ロードオブヴァーミリオンIII:同上。エイプリルフール企画からの参戦と言う経緯を持っている。イラストはタカヤマトシアキが担当している。
CLAMP:家庭用でオリジナルコスチュームをデザイン

人間関係

  • 三島平八祖父。母の死後、三島流喧嘩空手を師事するが、後に平八の裏切りに遭ったため嫌悪している。
  • 三島一八。祖父共々嫌っている。上記の通り、仁とのペアでプロジェクトクロスゾーン二作目に参戦。
  • 三島仁八:曾祖父。
  • 風間準。今も慕っている。
  • 風間飛鳥:従兄妹。しかし、本編での絡みはほとんどない。
  • 李超狼:叔父。
  • ラース・アレクサンダーソン:叔父。6のサブゲームや小説では双方が最後の敵になる。
  • アリサ・ボスコノビッチ:仁の護衛目的で作られた人造人間。登場作品ごとに仁との関係の変動がかなり激しい。ソロユニットとしてプロジェクトクロスゾーン一作目に参戦。
  • 花郎(ファラン):ライバル。仁が一方的にライバル視されている。
  • 凌暁雨(リン・シャオユウ):三島高専のクラスメイト。時に仁を守ろうとし、時に改心させようとして奮闘する。上記の通り、仁とのペアでプロジェクトクロスゾーン一作目に参戦。

pixivに投稿された作品 pixivで「風間仁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1189541

コメント