ピクシブ百科事典

首領蜂

どんぱち

首領蜂は1995年に稼働開始したCAVE開発の縦スクロールシューティングゲーム。 家庭用では、プレイステーションとセガサターンに移植されている。
目次[非表示]

概要

この任務に終わりはあるのだろうか。終わりがあるとすれば、我々の死なのか…。
(PS版解説書より引用)

首領蜂シリーズの元祖にして、CAVEの処女作。
プレイステーション版が、2010年5月12日からゲームアーカイブスにて配信されている。

この時点では続編の怒首領蜂のような弾幕要素は少ない(それでも一般のシューティングゲームに比べれば弾数は多めである)。
敵弾は比較的高速で、自機狙いも多い。攻略にはパターン化が重要。全5面×2周。

基本操作は続編の怒首領蜂と大きく変わらず、今作の時点で完成しているものが多い。
ショットボタン長押しで発射される高威力のレーザーでの攻撃や、
敵を連続で倒すことで高得点を得られるゲットポイントシステム(GPS)
ステージ中に隠れている蜂アイテムなど、シリーズの核をなす要素は
今作からアーケード最新作の最大往生まで一貫して搭載されている。
ただし第1作目であるためか粗も多く、特にコンボについては途切れやすく上記のGPSの恩恵を受ける機会は少なかった。
この点については、怒首領蜂で「コンボゲージ」が搭載されることで概ね改善された。

なお、今作のみ最終ステージをクリアすると強制的に2周目に突入するのだが・・・

地獄の2周目

「首領、この任務は一体いつまで続けるのですか?」
「・・・・・・それは、君達次第だ。」

1周目が終了すると、デモを挟んだ後2周目に突入する。
難易度は1周目より大幅に上がっており、全体的な弾速や密度がパワーアップしている上、敵が(蜂や星などのアイテムでさえも)撃ち返し弾を撃ってくるようになる。
さらにこの撃ち返し弾は、破壊したとき敵から遠ざかっているほど大量に発射されるようになっており、後先考えずに撃ちまくっていると手詰まりになってしまう危険もある。

真ボスについて

「どうやら、お互い最後の任務になりそうだな。」

2周目の最後には真のラスボスが待ち構えており、メカメカしい蜂のような姿をしている(メイン画像参照)。
他のボスよりも一回り小さい体躯、そしてそこから撃ち出される熾烈な攻撃・・・
こうした要素は、ボス達にも受け継がれている。

関連動画

A-TYPE カンスト 99999990pts. 2周ALL

関連タグ

怒首領蜂 CAVE

ATLUS(発売元)

外部リンク

ゲームアーカイブス版 紹介
SWEEP RECORDによる本作のサントラ紹介怒首領蜂怒首領蜂IIとの3作同時収録)
wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「首領蜂」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4392

コメント