ピクシブ百科事典

馬鹿

ばか

からかい・侮蔑表現のひとつ。
目次[非表示]

概要

相手の立場を低く見なす・感情を損なう、もしくは軽い意味でからかう、時には自嘲するために、頻繁に使われる卑語・俗語。地域や状況によりその程度は違う。

莫迦」とも表記するが、馬鹿を含めいずれも借字である。
インターネット上では「ヴァカ」「Baka」「βακα」等のネットスラングとして使用されることがある。

一部では何らかの趣味などに熱中している人物や状況を「○○馬鹿」・「○○バカ」と表現する場合がある。

公の場で使うには適さない(「新明解国語辞典 初版」)。

語源

普遍的な言葉でありながら、専門家の間でも由来・意味・変遷についての見解が分かれている。
Wikipediaの記事「馬鹿」
以下、時代別に。

インド起源説

サンスクリット「moha」の音写。無知の意。

「鹿をさして馬という」史記(根拠は薄弱)

の2代皇帝「胡亥」の時代に権力をふるった宦官「趙高」が、あるとき皇帝に「これはでございます」と言って鹿を献じた。
皇帝は驚いて「これは鹿ではないか?」と尋ねたが、臣下たちは趙高の権勢を恐れてみな鹿を指して馬だと言った、という『史記』にある故事から来るとする説。
ただし馬鹿を「ばか」と読むのは日本語読みであって、漢語では「ばろく」としか発音しない。

馬家説

白居易漢詩によると、長安に「馬」姓の家があり、一時的に繁栄したが呆気なく没落し、豪奢な邸宅も失ってしまったという。この馬家(「馬家」は漢音では「ばか」と読む)を、白居易の漢詩に人気があった日本で罵倒語に採用したのではないかという説である。
探偵!ナイトスクープ」内の企画から始まった本格的な調査による。『全国アホ・バカ分布考』に収録。

破家説

禅宗の仏典などに出てくる、破産するという意味の「破家」に「者」を付けて、「破産するほど愚かな者」というところから「馬鹿者」という言葉が生まれたとする説。日本国語大辞典で採用されている。

はかなし説

雅語形容詞である「はかなし」の語幹が変化したという説。金田一春彦はこの説によっており、これをとる国語辞典も存在。

阿呆との比較

馬鹿と阿呆のどちらが厳しい表現になるかは地域で異なる。聴き慣れない単語の方に怒りを覚える場合が多い。
関東九州などの人は「アホ」と言われると非常に侮辱されたと感じる場合が多く、関西近辺の人は「バカ」と言われると非常に見下されたと感じる場合が多い。
ただし関西でも、「バカにするな」などの表現では「アホ」を使いにくい事がある。

その他の同類語

主なものだけでも、「愚か者」「クルクルパー」「アーパー」など様々。

方言としては、東北地方で「ホジナシ」など、九州で「ホガネー」などがある。平安時代の京都の「本地無し(≒自分の根本を忘れた奴)」に由来するという説がある。

沖縄では「フリムン」「プリムヌ」などがある。「惚れ者(≒ボケ)」から来たのではないかという。
愛知県などで「たわけ」というのは「ふざけた奴」というやや狭い意味で、普通は「バカ」を使う。

余談

中国語の「馬鹿(マールー)」は、新疆からヨーロッパにいるアカシカと、中国大陸から北アメリカにいるアメリカアカシカの総称である。
Wikipedia中国語版「馬鹿(曖昧さ回避)」

また、江戸時代の「化物尽くし絵巻」(妖怪をテーマに取り上げた絵巻物)には、「馬鹿(ばか)」と言う語句の言葉遊びから誕生した「馬鹿(うましか)」と言う妖怪が登場する。

馬鹿



更に「魔神英雄伝ワタル」で上記のこれをモチーフとしたと思われる「魔風門」の守護者『魔の風の谷』の「ウマシカ」なるキャラが登場している。…いろいろまずい気が…

関連イラスト

登場人物がバカな言動をしている場合や、バカをテーマにした作品などに使われる。

「君は馬鹿かい?」
オールスターズにて


馬鹿
「馬鹿」 書道風



関連タグ

罵倒
バカ/ばか/莫迦:表記揺れ
アホ/阿呆
作者は病気 間抜け 変態
大馬鹿/大バカ 馬鹿者
釣りバカ日誌 空手バカ一代 愛すべき馬鹿 チルノ 
バーロー マントー バカイト
ばか頭巾 バカゲー あたしって、ほんとバカ

もしかして?→ボーイ

pixivに投稿された作品 pixivで「馬鹿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 722551

コメント