ピクシブ百科事典

高山善廣

たかやまよしひろ

高山善廣は、日本で最も背の高い(196cm)プロレスラーである。
目次[非表示]

概要

東京都墨田区出身、湘南在住の巨漢レスラー
東海大学付属相模高等学校東海大学文学部文明学科卒業。
2016年現在日本人ロープを跨いでリングインできる唯一プロレスラーと思われる。

履歴

高校時代はラグビー大学時代はライフセービングに励む一方、湘南でライフガードアルバイトをしていた。(元ライフセーバーの経歴から関連するテレビ番組イベントに呼ばれることもある。)

20歳の時に休学して第1次UWF(興行活動停止後の新日本プロレスとの業務提携時代)の入団テストを受け合格するも怪我の再発もあって退団。
大学卒業後就職するもプロレスラーの夢を捨てられず悩んでいたところ、脱走後バイト先で再会し交流のあったUWFの先輩である宮戸優光に声を掛けられ旗揚げ間も無いUWFインターナショナルに再入門。1992年6月金原弘光戦でデビュー
12月のUインター解散後、関係者が立ち上げた団体キングダムに移籍する。
1997年3月フリーランスとして全日本プロレスに参戦。
1999年5月、後追いで参戦していた先輩・垣原賢人と共に、正式所属選手となる。この前後に他の選手と共にチームノーフィアー」を立ち上げ、世界タッグ王座アジアタッグ王座の二つを所有した初のチームとなった。 
2000年三沢光晴らと共に全日本プロレスを脱退し、プロレスリング・ノア旗揚げに参加するも2001年PRIDE参戦を機に再びフリーランスとなる。
以後、ノアを中心に、新日本プロレスやその他の様々な団体、PRIDEなど総合格闘技にも参戦。

ノアの第4代GHCヘビー級王座、全日の第39代三冠ヘビー級王座、新日の第32代IWGPヘビー級王座及び第20代NWFヘビー級王座など国内メジャー団体のヘビー級王座を獲得した経験もある。

その一方で物心ついた時にはすでに喘息を患い、プロレスラーになってからも再発。
その後は吸入薬により症状をコントロールしている。
2004年には脳梗塞で試合後に倒れ、手術もうけている。

芸能活動

プロレスラーの一方、役者としても活動しており、プロレスや総合格闘技の解説も務めることもある。

主な出演作

ドラマ

NHK大河ドラマ


OUR HOUSE・・・赤尾拓真

アニメ


映画


その他


得意技


関連タグ

プロレス
ゴールデンカップス

pixivに投稿された作品 pixivで「高山善廣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4648

コメント